お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

ウメ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ウメ(梅、春告草、学名:Prunus mume)は、バラ科サクラ属の落葉高木、またはその果実のこと。樹木全体と花は主に鑑賞用、実は食用とされ、枝や樹皮は染色に使われる。

特徴

中国原産の落葉高木。日本でもよく知られる果樹や花木で、多数の園芸品種がある。早春、葉に先だって前年枝の葉腋に、1 - 3個の花がつく。花芽はモモと異なり、一節につき1個となるため、モモに比べ、開花時の華やかな印象は薄い。毎年2 - 3月ころに、5枚の花弁のある1センチメートルから3センチメートルほどの花を葉に先立って咲かせる。花の色は白、淡紅、紅色など。花柄は無い。葉は互生で先がとがった卵形で、周囲が鋸歯状。

果実は6 - 7月ころに結実し、形は丸く、片側に浅い溝があり、細かい毛が密生する。果実の中には硬い核が1個あり、中果皮で、表面にくぼみが多い。未熟果に青酸を含むため、生で食べると中毒を起こすと言われている。青ウメの果実は燻製にして漢方で烏梅(うばい)と称して薬用されるほか、民間で梅肉エキス、梅干し、梅酒に果実を用いる。

栽培では、自家結実しないものがあるため、異品種を混植して行う。

名称

和名ウメの語源には諸説ある。一つは中国語の梅(マイ・ムイ・メイ)を日本的に発音してウメとしたという説、また韓国語のマイが転訛したものとする説がある。伝来当時の日本人は、鼻音の前に軽い鼻音を重ねていたため、me を /mme/(ンメ)のように発音していた。馬を(ンマ)と発音していたのと同じ。これが「ムメ」のように表記され、さらに読まれることで /mume/ となり /ume/ へと転訛した、というものである。また一説には、漢方薬の烏梅(ウメイ)が転訛したともいわれている。別名でムメともよばれており、上記のように「ンメ」のように発音する方言もまた残っている。

学名は江戸時代の日本語の発音を由来とする "Prunus mume" であり、英語では "Japanese apricot"(日本の杏)と呼ばれる。

歴史

原産地は中国であり、一説には日本への渡来は弥生時代(紀元前3世紀 - 紀元3世紀)に朝鮮半島を経て入ったものと考えられている。また他説には、遣唐使が日本に持ち込んだと考えられている。

分類

梅には500種以上の品種があるといわれている。近縁のアンズ、スモモと複雑に交雑しているため、主に花梅について園芸上は諸説の分類がある。実梅も同じ種であるので同様に分類できるが、実梅の分類は一般には用いられない。梅は、野梅系、緋梅(紅梅)系、豊後系に大きく3系統に分類できる。

果実


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。