お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

古川雄大



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

古川 雄大(ふるかわ ゆうた、1987年7月9日 - )は、日本の俳優、歌手。

長野県上高井郡高山村出身。長野県須坂商業高等学校卒業。所属事務所は研音、所属レコード会社はシンコーミュージック・レコーズ。

所属事務所

  • 2007年 - トヨタオフィス に所属して芸能活動を開始。
  • 2011年 - トヨタオフィスのタレント部門から分社化したセンスアップに移籍。
  • 2017年3月 - センスアップを退社してフリーとなる。
  • 2018年4月 - 研音に所属。
  • 略歴

    デビューまで

    テレビの歌番組で踊るバックダンサーの姿に憧れてダンサーを志し、ダンススクールで14歳の時にジャズダンスを、高校進学後にはプロを目指す育成コースに進むためクラシックバレエを習い始める。スクールの先輩には中河内雅貴がいた。一方で高校では軽音部で活動し、文化祭のステージでボーカルを務めることもあった。ダンスを習う中で次第に俳優に興味を持ち始め、高校3年時にダンサーのオーディションを受けに上京した際に原宿でスカウトされ、芸能事務所に所属。高校卒業後まもなく俳優を目指し上京する。テーマパークのツアーダンサーのオーディションに合格して全国を回った後、テーマパーク・ダンサーとしても1年間働く。

    俳優活動

    19歳から芸能活動を本格的に開始。2007年10月よりTOKYO MXほかで放送されたテレビドラマ『風魔の小次郎』で俳優としてデビューし、同年12月にミュージカル『テニスの王子様』に不二周助役で出演し初舞台に立つ。『テニスの王子様』のオーディション合格のほうが先だったことから、「自分の中ではテニスが先って感じ」と語っている。2008年には『2STEPS!』で主演を務めるなど映画にも進出する。

    映像作品への出演や音楽活動の中で、2012年にオーディションを経て『エリザベート』のルドルフ役で初めて帝国劇場の舞台に立ち、グランドミュージカルに初出演。同作への出演を機に本格的にミュージカルの道へと進む。2013年の『ロミオ&ジュリエット』、2015年の『黒執事』で人気作で主演を務め、2018年に『モーツァルト!』で帝劇初主演。「ミュージカル界の次世代エース」「ミュージカル界の新プリンス」として注目を浴びる。2018年には活躍が期待される若手に贈られる第9回岩谷時子賞奨励賞を、2019年には『モーツァルト!』『マリー・アントワネット』『ロミオ&ジュリエット』での演技が評価を受けて第44回菊田一夫演劇賞演劇賞を受賞した。同年には、憧れでありミュージカルの最終目標としていた念願の『エリザベート』のトート役を務めた。

    映像作品では、2018年にTBS日曜劇場『下町ロケット』に追加キャストとして第6話よりレギュラー出演。ミュージカルで目標としていた役を得てより視野を広げて活動したいとして、2020年には『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ)、NHK連続テレビ小説『エール』、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』などの話題作に出演する。

    音楽活動

    高校時代より姉のギターを手にして曲作りを始め、2008年10月にミニアルバム『PASTEL GRAFFiTi』をリリースして、俳優活動と並行して音楽活動を開始。2009年10月に1stフルアルバム『COLOR VARiATiON』をリリースし、翌2010年2月には初のワンマンライブを開催。

    以降も、CDリリース、ライブ活動などを精力的に行っている。


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。