CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 春風亭柳好

春風亭柳好

春風亭柳好



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

春風亭 柳好(しゅんぷうてい りゅうこう)は落語家の名跡。

代数のカウントは一定しない。特に著名な「野ざらしの柳好」を「三代目」とするか「五代目」とするかが不明で、彼は自ら三代目と名乗った。

  • 初代柳好 - 後?初代麗々亭柳橋
  • 二代目春勢亭柳好(生没年不詳) - 江戸神明の出。天保初年頃?から初代の門で初代麗香亭柳鳥(ないし柳蝶)から天保の末に2代目となる。番付類には嘉永末頃まで見える、それ以外、本名、生没年など不明。俗に「ヘン目」。
  • 二代目春風亭柳好 - 後?船遊亭團扇
  • (代数未詳)春風亭柳好(生没年不詳) - 1884年の番付に四代目麗々亭柳橋の門で柳好が見える。

3代目

三代目 春風亭 柳好(野ざらしの柳好、向島の柳好、1887年4月24日 - 1956年3月14日)は落語家。本名?松本 亀太郎。東京都台東区浅草出身。出囃子は「梅は咲いたか」。実際には、上記のように五代目である。

経歴

1912年2月?、二代目談洲楼燕枝に入門し燕吉を名乗る。その後同年?に柳亭燕玉、柳亭燕雀を名乗る。一時京都の寄席笑福亭などに出演。

1913年、1914年ころに春風亭錦枝で睦会に迎えられ1917年に六代目春風亭柳枝の門下で柳好で真打に昇進。

東京演芸会社から落語睦会に陣営強化のためにスカウトされる。八代目桂文楽、春風亭小柳枝、二代目桂小文治と並び「睦の四天王」と呼ばれた。

1933年ころから、一時期高座を離れ幇間となるが、間もなく日本芸術協会に所属。

晩年は向島の芸者屋の若旦那となっていた。1956年、TBSラジオで「穴どろ」を収録後、上野鈴本演芸場の楽屋で急逝。鈴本の楽屋で亡くなったのは四代目柳家小さんにつぐ二人目である。68歳没。

芸風

花が咲いたかのように艶やかかつ華のある高座で、「唄い調子」と言われる流麗な口調が独特。多くのファンを獲得した。今日でも落語愛好家の間で「柳好」と言えば決まって「三代目」のことを指すほどである。

ただし人物描写や心理表現といったものは皆無で批評家の評価は低く、人気のわりには高い評価を受けなかった。ラジオ東京(現・TBS) 専属落語家。

芸歴


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。