お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

神田松之丞



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

神田 松之丞(かんだ まつのじょう、本名:古舘 克彦(ふるたち かつひこ)、1983年6月4日- )は、日本の講談師。日本講談協会および落語芸術協会所属。2017年時点で二ツ目でありながら、独演会では定員数百人の会場を満員にするなど新進気鋭の講談師として注目を浴びている。

2020年2月に真打昇進とともに6代目神田伯山を襲名することとなった。

来歴

東京都豊島区池袋出身。血液型A型。豊島区立池袋第三小学校、豊島区立道和中学校、聖学院高等学校を経て、2007年に武蔵大学経済学部経営学科卒業。

2007年11月、3代目神田松鯉に入門。

2012年、二ツ目昇進。

2015年10月、浅草演芸ホールで行われた「読売杯争奪 激突!二ツ目バトル」で優勝。

2016年、新宿末廣亭の席亭の推薦で、真打への昇進が落語芸術協会の理事会の議題に挙がったが、否決された。

2017年、平成28年度花形演芸大賞銀賞受賞。

2018年、第35回浅草芸能大賞新人賞受賞。同年12月に行われた落語芸術協会の理事会において、2020年2月中席より真打に昇進することが承認された。芸協の香盤においては落語家を9人追い抜いての抜擢昇進となるが、芸協は、落語と講談の香盤は別物と判断した。芸協では長らく会長であった桂歌丸が抜擢真打に否定的な考えを持っており、その意志に従って、講談師としては順番を守る形での昇進となる。芸協での真打抜擢昇進は春風亭昇太以来27年ぶりとなる。

2019年、平成30年度花形演芸大賞金賞受賞。

人物・エピソード

芸に関すること

  • 高校2年生のときにラジオで偶然、6代目三遊亭圓生の御神酒徳利を聞き、感銘を受ける。
  • 高校卒業後の浪人生時代に所沢市で行われた立川談志独演会の高座を見て、立川談志のファンになる。以降、談志の追っかけとなり、のちに講談師になることにした。
  • 大学時代、6代目神田伯龍の『村井長庵・雨夜の裏田圃』を聞き、衝撃を受ける。
  • 神田松鯉に入門を認めて貰えるよう、大師匠である2代目神田山陽の命日の10月30日に入門志願をした。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。