お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

神田松之丞



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

六代目 神田 伯山(ろくだいめ かんだ はくざん、1983年6月4日 - )は、日本の講談師。学位は学士(経営学)(武蔵大学・2007年)。日本講談協会および落語芸術協会所属。前名は神田かんだ 松之丞まつのじょう。本名は古舘ふるたち 克彦かつひこ

概要

2020年2月11日を以て講談の大名跡である神田伯山を6代目として襲名。二ツ目時代から独演会では定員数百人の会場を満員にするなど新進気鋭の講談師として注目を浴びている。

来歴

東京都豊島区池袋出身。血液型A型。豊島区立池袋第三小学校、豊島区立道和中学校(現豊島区立西池袋中学校)、聖学院高等学校を経て、2007年に武蔵大学経済学部経営学科卒業。三遊亭好の助(先輩)・一龍斎貞鏡(後輩)は同じ大学の出身。

2007年11月、3代目神田松鯉に入門。

2012年、二ツ目昇進。

2015年10月、浅草演芸ホールで行われた「読売杯争奪 激突!二ツ目バトル」で優勝。

2016年、新宿末廣亭の席亭の推薦で、真打への昇進が落語芸術協会の理事会の議題に挙がったが、否決された。

2017年、平成28年度花形演芸大賞銀賞受賞。

2018年、第35回浅草芸能大賞新人賞受賞。同年12月に行われた落語芸術協会の理事会において、2020年2月中席より真打に昇進することが承認された。芸協の香盤においては落語家を9人追い抜いての抜擢昇進となるが、芸協は、落語と講談の香盤は別物と判断した。芸協では長らく会長であった桂歌丸が抜擢真打に否定的な考えを持っており、その意志に従って、講談師としては順番を守る形での昇進となる。芸協での真打抜擢昇進は春風亭昇太以来27年ぶりとなる。

2019年、平成30年度花形演芸大賞金賞受賞。

2020年2月11日を以て真打に昇進するとともに、同日新宿末廣亭での襲名披露興行より6代目神田伯山を襲名した。襲名披露興行は2月11日から新宿末廣亭を皮切りに東京都内の5箇所の演芸場にて行われる予定だったが、3月11日 - 20日に予定されていた国立演芸場での興行、4月1日に予定されていたお江戸上野広小路亭、日本講談協会主催で4月17日に開催予定だった新宿永谷ホールでの興行は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開催が中止された。

なお、6代目伯山は真打昇進及び襲名に伴って講談界の名跡である桃川如燕、神田五山、桃川三燕、桃川燕玉、桃川桂玉、柴田南玉、桃川燕国、神田松山、神田伯鯉を自ら預かった。

人物・エピソード

芸に関すること


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。