お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

片桐はいり



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

片桐 はいり(かたぎり はいり、1963年1月18日 - )は、日本の女優。本名、片桐 由美(かたぎり ゆみ)。東京都大田区出身。スターダストプロモーション芸能1部所属。

来歴

大田区立山王小学校、香蘭女学校中学校・高等学校卒業。中学時代の同級生に作家の上橋菜穂子がおり、高等科在学中の文化祭において有志により催された上橋(原作・脚本)の「双子星座」が初舞台となる。成蹊大学文学部日本文学科卒業。大学在学中、演劇部で歌人・作詞家の林あまりと知り合う。

大学卒業後、映画館・銀座文化劇場 でもぎりのアルバイトをしながら、生田萬と銀粉蝶が1981年に旗揚げした劇団「ブリキの自発団」に入団する。映画が好きで映画に関することなら何でもやりたいと思っていた反面、女優とは選ばれた人がなるものだと片桐は考えていたが、一度くらいやってみたいという気持ちもあり役者の道に入ったという。

芸名の「はいり」は、テレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』の主人公の名前に由来する。1994年に「ブリキの自発団」を退団。

「SEEDコンタクトレンズ」のCMキャラクターとして森山祐子と共に起用され話題になった。

近年は大人計画への舞台公演などにも客演し、ドラマでは先生からお婆さんの老け役、こだわりのある研究者など七変化の名脇役として活躍している。小林聡美、もたいまさこらとの共演が多いことでも知られる。

現在も女優業の傍ら、地元の映画館のキネカ大森でもぎりのボランティアスタッフとして働いており「映画への恩返し」として生きている間は続けたいと語っている。

弟はグアテマラのアンティグアで、日本人向けのスペイン語学校を経営していることを著書で明かしている。

出演作品

テレビドラマ

NHK

  • しあわせ志願(1988年) - 信子 役
  • 結婚はいかが?(1996年)
  • ママさんバレーでつかまえて(2008年、2009年)
  • 時々迷々(2009年 - 2011年) - 時々迷々 役
  • 時々迷々【再】(2012年 - ) - 時々迷々 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。