CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 石井則仁

石井則仁

石井則仁



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

石井 則仁(いしい のりひと、1984年9月25日 - )は日本の舞踏家、振付家。東京都出身。キュレーションカンパニーDEVIATE.CO芸術監督、舞踏カンパニー山海塾所属。

略歴

1984年、柔道家の父と剣道家の母のもとに生まれ、東京都足立区にて青少年時代を過ごす。

小学1年生から高校1年生までの剣道を10年間続ける。剣道2段取得。

高校1年生の冬、路上でのブレイクダンスを始め、高校3年時にはCLUBイベントでShow timeに出始める。

高校卒業後、学校法人東京アナウンス学院ダンスパフォーマンス科に入学し、オールジャンルのダンスを学ぶ。1年で中退したのち、チームとして活動し。様々なダンスコンテストにて入賞。後に、スガシカオの「コノユビトマレ」(プロモーションビデオ出演)・中村美津子の「夜もすがら踊る石松」(バックダンサー)・坂本冬美のNHK紅白歌合戦(バックダンサー)などに出演する。

2005年(20歳)の時に、コンテンポラリーダンスに出会い、衝撃を受ける。

2006年(21歳)で活動場所を舞台空間に移行。

Nomade'~s・BABY-Q(現 ANTIBODIES Collective)・大橋可也&ダンサーズ・辻本知彦など国内外の公演や故蜷川幸雄や宮本亜門の演劇作品。活動の中でコンテンポラリーダンサー 辻本知彦に師事。

麿赤兒率いる大駱駝艦の合宿に参加後、天に向かって踊るバレエやバレエから進化していったコンテンポラリーダンスよりも、剣道で培ってきた腰を落とし、すり足で踊る舞踏にはまっていく。

2010年(25歳)からコンテンポラリーダンスの殿堂と呼ばれるパリ市立劇場を創作拠点とし、世界45カ国のべ700都市以上で公演をしている舞踏カンパニー山海塾に在籍し27カ国75都市以上(2021年まで)で公演を行う。

2013年には山海塾が国際交流基金賞を受賞。

2007年よりソロ活動を開始。現代人の肉体に宿る狂気と普遍性のある美を軸に作品を創作。人間の心理に働きかけ、社会の真理を問う舞台芸術作品を作り続ける。

2012年、DEVIATE.CO(キュレーションカンパニー)を立ち上げる。海外のアーティストを招聘し、数々のプロジェクトを主催する。

2013年 ソウルインターナショナルコレオグラフィーフェスティバルにて当時の総合準優勝のJury prizeを受賞。その後、韓国・イスラエル・シンガポールなど多くの国で再演をおこなう。2015年に同フェスティバルにて総合準優勝のSCFアワードを受賞。初の2度受賞という快挙を遂げる。

2013年、自身のイスラエル公演の為、まだ日本では馴染みのなかったクラウドファンディングを行い、成功を収める。コンテンポラリーダンスや舞踏の業界では一番最初の成功事例になる。「衝撃を与え続けるダンス作品「SAMON」ソウル公演を応援して下さい!!」

ストリートダンスの身体構造を混ぜたコンテンポラリーダンスや舞踏のワークショップをマレーシア・韓国・シンガポール・ブルガリアなど国内外にて多数おこなう。

2015年から2017年の間、韓国のDesignare Movementのレジデンスアーティストになる。

2017年より空間美術展&舞踏公演「がらんどうの庭」を開催。松本・札幌にて行い続け、2020年には長野県松本市の松本PARCOにて開催。舞踏作品「がらんどうの庭」はスペインでも公演を行う。

2020年には、第30回格子欠陥フォーラム(湊丈俊(京都大学・自然科学研究機構分子科学研究所)などが企画・運営)にて、東京大学の溝口照康らと共に、格子欠陥の概念から作成した舞踏作品 「ΔG=ΔH - TΔS -未知の潮流-」 を公開し、学術界に反響を呼んだ。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。