お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

東京ダイナマイト



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

東京ダイナマイト(とうきょうダイナマイト)は、吉本興業に所属する日本のお笑いコンビ。ルミネtheよしもとを中心に活動中。

コントも演じるが、主に松田のシュールなボケにハチミツがクールにツッコむ形式の漫才を得意とする。

メンバー

  • 松田 大輔(まつだ だいすけ、1977年3月2日 -)本名:杉 大輔(すぎ だいすけ)
  • 主にボケ担当。
  • 岐阜県揖斐郡大野町出身。
  • 身長180cm、体重76kg、血液型O型。趣味は、野球、サッカー、釣り。特技は、スノーボード。干支はへび。うお座。
  • ハイテンションでシュールなボケが特徴。
  • ハチミツ 二郎(ハチミツ じろう、1974年11月20日 - )本名:高野 二郎(たかの じろう)
    • 岡山県倉敷市出身。
    • 主にツッコミ・ネタ作り担当。
    • クールなツッコミで松田のボケを受け流す。ネタによってはハチミツもボケてWボケのスタイルをとる場合もある。
    • 身長177cm、体重107kg、血液型O型。趣味は、睡眠、格闘技、握手。特技は料理。干支はとら。さそり座。

概要

ハチミツ二郎が21歳の頃、パチンコ店で店員をしていた曽根卍(そねまんじ)と知り合い、初代「東京ダイナマイト」を結成。新宿ラ・ママのオーディションで初舞台を踏む。1997年10月、浅草キッド主催のライブ、浅草お兄さん会で優勝。その後も浅草お兄さん会と大川興業主催のライブ「すっとこどっこい」にレギュラー出演。しかしハチミツが社長を務めていたインディーズのお笑い事務所「トンパチ・プロ」の低迷期に初代は解散した。

新しい相方を探していたハチミツが、元・温泉こんにゃくアクロバットショー(5人組のユニットで、相方の中には青木さやかがいた)の松田と知り合い、松田が以前より「(ハチミツと)コンビを組みたい」と考えていたことから意気投合。「トンパチプロ」の解散宣言と同時にコンビ結成を発表し2001年、新生「東京ダイナマイト」がスタートした。それに伴いマネージメントがオフィス北野預かりとなり前後して浅草キッドと師弟関係を結んだ。

結成3年目の2004年、M-1グランプリで決勝へ進出(後述)し全国区での知名度を獲得した。以後ゴールデンタイムのお笑い番組などにも出演して活躍を続け当時の事務所の大先輩であり大師匠(師匠の師匠)に当たるビートたけしからは「ようやくウチから商品になる奴が出てきた」と高い評価を受けていた。

2004年12月から不定期で『東京ダイナマイト先生』というトークライブを新宿ロフトプラスワンで行っており、毎回スペシャルゲストが来ている。2007年11月20日の「東京ダイナマイト先生vol.15 ハチミツ二郎お誕生日おめでとう記念大会〜」で15回目を迎えた。2008年1月30日に16回目を、同年3月27日に17回目をそれぞれ開催。一時期ハチミツはブログで「飽きたから辞めた」と書いていたが、17回目から1年後の2009年3月26日には「復活」と称し18回目「東京ダイナマイト先生vol.18 〜もっと東京ダイナマイト先生〜」を開催している。

2008年6月20日をもってハチミツがオフィス北野を退社した(退社の理由は、大師匠のたけしがオレたちひょうきん族を遅刻した際に言った『お化けが出た』と全く同じ言い訳をした事と、その後会社で話し合いが持たれ『今後M-1グランプリで吉本勢に勝つには劇場で場数を踏む事が必要』と熱弁したら『だったら吉本でもどこでも好きな所行ってください』と言われた事などが重なったためという)。松田は広告契約の関係からすぐには退社できなかったが2009年3月に退社した。なお、退社から約10年後に行われたノンフィクション作家・田崎健太とのインタビュー内でハチミツが語った所によると、昔からオフィス北野内では現場(芸人)とフロントの仲が悪くその状況を察した事務所の先輩であるつまみ枝豆から「(オフィス北野は)いつか駄目になる。お前たちはネタが出来る。俺とタカ坊(ガダルカナル・タカ)で殿と話をつけるから、抜けろ」と気を遣って辞めさせてくれた事が退社の真相であると明かしている。

2008年9月5日にオスカープロモーションとマネジメント契約をした事を発表したが、2009年3月15日付でそのオスカーからも退社。松田も3月をもってオフィス北野を退社した。オスカー退社の理由は「M-1グランプリで4年連続準決勝敗退に終わったことが相当悔しかったため武者修行の旅に出たい」とのことで、オスカー側も「温かく見守ってあげたいと思います」と円満退社である旨コメントしている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。