お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

くらもちふさこ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

くらもち ふさこ(本名:倉持 房子、1955年5月14日 - )は、日本の漫画家。東京都渋谷区出身。武蔵野美術大学中退。愛称はふーちゃん。

作家活動

主に1980年代を中心に少女まんがの日常心理の表現技法に影響を残し、三原順「はみだしっ子」にくらもちふさこがモデルであるフーちゃんが登場する。美内すずえのアシスタント をしていたことがある。

デビュー前までの少女漫画といえば、舞台が外国とか夢物語のような恋愛、あるいは栄光を目指す根性ものやその他、どこかで一般少女の日常のバランスを離れていくイメージが多かった。しかし、1970年代りぼんで陸奥A子などの乙女チックまんがといわれるふつうの女の子の身近な叙情感覚を重視する分野が大きな人気を持った。

これと並行して作家として成長したくらもちふさこの作品は、ごく初期の主人公が気弱ながら心をつなげていったり、身近の心理をテーマに展開し、以後もそんな心理描写を中心とした作風を進めている。ストーリーはゆっくりした歩みの中で心理的に読みが深まっていく傾向がある。

初期を中心にミュージシャンなどの芸能ものもあるが、それもほとんど、社会的成功・根性ものとしてでなく、ファン視点など気持ちの交流の話として描かれている。1970年代後期から1980年代中期ごろまでの彼女の作品は、コマ割りの呼吸のような表現と描線による内面描写が大きく発達した時期で、少女漫画の少女まんがらしい表現技法にとって大きな貢献といえる。これは、りぼんでの乙女チックと言われたものよりドラマチックな面を含む。以後も作風は微妙に発展し続ける。作品を掲載していた集英社『別冊マーガレット』では、1970年代後半にデビューした多田かおる・いくえみ綾などにとどまらず、1990年代には紡木たくと双璧をなす影響を後進に与えている。

1990年代に入ってからは、より挑戦的な作品を発表するようになり、1990年半ばからは活躍の場を『別冊マーガレット』から『コーラス』に移している。そんな中で生まれたのが代表作「天然コケッコー」である。エピソードを積み重ねる演出、直接には表現せず絵から想像させる技法など、一種凝った心理描写を得意とする。

2012年現在、『コーラス』から改題した『Cocohana』で活躍中。

年譜

  • 1955年5月14日 東京都渋谷区鉢山町に生まれる。
  • 1962年 渋谷区立猿楽小学校に入学。「いつもポケットにショパン」の主人公が同小学校に通っている。
  • 1962年7月、豊島区立駒込小学校に転校。このとき引っ越した駒込の社宅は、「いろはにこんぺいと」のモデルである。
  • 1968年 豊島区立駒込中学校に入学。
  • 1971年 豊島岡女子学園高等学校に入学。
「春のおとずれ」で第49回別マまんがスクール佳作を受賞。
「新聞部異状あり」で第51回別マまんがスクール佳作を受賞。三原順、妹の倉持知子も同じく佳作を受賞している。
  • 1972年 「メガネちゃんのひとりごと」が別マまんがスクール金賞を受賞、『別冊マーガレット』に掲載されデビュー。
  • 1974年 武蔵野美術大学造形学部に入学。日本画を専攻、漫画研究会に所属。1979年に中退。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。