お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

羽賀朱音



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

羽賀 朱音(はが あかね、2002年3月7日 - )は、日本の歌手、アイドルであり、モーニング娘。の12期メンバーである。ハロプロ研修生出身メンバーの1人。公式の愛称はあかねちんはがちゃん。非公式の愛称ははがちんねちんはがねちん。イメージカラーはオレンジ。

長野県出身。血液型O型。身長163.5cm。アップフロントプロモーション所属。

略歴

2012年
  • 8月11日、「モーニング娘。11期メンバー『スッピン歌姫』オーディション」に応募するが落選。
2013年
  • 8月24日、「モーニング娘。12期メンバー「未来少女」オーディション」に応募し、最終審査まで進出したが「合格者なし」の結果となった。
  • 9月22日、同オーディションで最終審査まで残った他のメンバーと共にハロプロ研修生に加入。
  • 12月7日・8日・21日に開催された「ハロプロ研修生 発表会2013〜12月の生タマゴShow!〜」において初パフォーマンスを行った。当時は長野県内の小学校・中学校に在籍しつつ、東京へレッスンのために通っていた。
  • 2014年
    • 9月23日、自宅を訪れた事務所スタッフにより届けられたビデオメッセージにて、モーニング娘。に加入したことを通知される。それに伴い上京。
    • 9月30日、日本武道館で行われた『モーニング娘。'14コンサートツアー秋 GIVE ME MORE LOVE 〜道重さゆみ卒業記念スペシャル〜』においてモーニング娘。12期メンバーとしてお披露目された。
    2015年
    • 4月15日、モーニング娘。'15 58thシングル『青春小僧が泣いている/夕暮れは雨上がり/イマココカラ』(トリプルA面シングル)で正式にCDデビューした。
    2018年
    • 6月20日、Radio NEOで放送のラジオ番組『HELLO! DRIVE! -ハロドラ-』にて、同日モーニング娘。、およびハロー!プロジェクトを卒業、芸能界を引退した尾形春水の後任として水曜日のパーソナリティを務める。
    2019年
    • 6月14日、イメージカラーを当初のライトオレンジからオレンジへ変更した。

    人物・逸話・嗜好など

    • 「朱音」という名前は、対称の文字にしたかった(正確には左右対称ではないが、何気なく左右対称に見えるという理由で)のと、音という字を付けたかったからという理由で羽賀の両親が名付けた。
    • 保育園の頃、鼓笛隊で指揮者をやっていた経験がある。
    • 羽賀がまだ赤ちゃんだった頃、生まれて初めて聴いた音楽が羽賀の実母が車内のカーオーディオで流したハロー!プロジェクトのコンピレーション・アルバム「ザ・童謡ポップス」だった。また、羽賀の叔母の影響で自らもハロー!プロジェクトのファンになったという逸話がある。
    • 幼稚園の年少だった頃、誕生日色紙を書いた際に「大きくなったらモーニング娘。になりたい」と書き、この頃から既にモーニング娘。に憧れていた。
    • 特技は書道とゴルフ。特に書道は4年生から6年生までの2年で書道7段を取得し、同じく書道を特技としている先輩(元9期)メンバーの鞘師里保と段位は同段であり、左払いを得意とする。
    • 座右の銘は『極めたい音楽の世界』、および『好きこそ物の上手なれ』。
    • 一番好きな楽曲としてモーニング娘。の『Be Alive』、および『君さえ居れば何も要らない』『若いんだし!』を挙げている。尤も、『Be Alive』に関しては自身曰く「曲調も歌詞もすごく素敵だし、聞いているだけで幸せになれる曲だなと思います。落ち込んでいるときに聞くと、元気をもらえるからすごく好きです。」と評している。
    • 趣味は歌を歌うこと、および寝ること、スマホでカメラロールやYouTubeなどの動画を観ること、裁縫をすること。
    • 好きな食べ物はミニトマト、およびちくわ、実母の手製のハンバーグ(特にチーズインハンバーグ)、チーズ、桜でんぶ、いちご、りんご、桃、クルトン、チョコミント風味のスイーツ・菓子・氷菓類など。
    • 運動のほか、換気扇、ヘビ、お化け、魚介類、牛乳、プリン、生クリーム、寿司、わさびなどが苦手である(ただし生クリームはごく一部例外あり)。
    • モーニング娘。の元リーダー(元6期メンバー)の道重さゆみに似ているとよく言われる。

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。