お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

沢口靖子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

沢口 靖子(さわぐち やすこ、1965年6月11日 - )は、日本の女優。

大阪府松原市生まれ、堺市西区堀上緑町出身。東宝芸能所属。身長159cm。スリーサイズはB80 W58 H87。

略歴

  • 堺市立平岡小学校卒業後、中学2年生まで堺市立上野芝中学校(西区)→堺市立赤坂台中学校(南区)、大阪府立泉陽高等学校卒業→奈良教育大学入学辞退。
  • 1984年、第1回「東宝シンデレラ」で3万1653人の中からグランプリに選ばれ、芸能界入り。この年の映画『刑事物語3 潮騒の詩』で女優デビュー。このとき映画内の挿入歌「潮騒の詩」も歌い、歌手としてもデビューしている。
  • 映画『ゴジラ』(1984年、東宝)で、第9回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。挿入歌「さよならの恋人」も歌唱。
  • 1985年度上半期に放送されたNHK連続テレビ小説『澪つくし』のヒロインを演じ、人気と知名度を全国的に定着させた。その後も天然の美貌と笑いを愛する関西人的なノリのギャップを活かし、主演級での出演を中心としてシリアスな役柄から喜劇タッチのコメディーまで、ドラマ、映画、CMなどで型にはまらない役者ぶりを見せ、多方面に活躍を続けている。
  • 1999年10月にスタートしたドラマ『科捜研の女』第1シリーズ(テレビ朝日・東映)に京都府警科学捜査研究所の法医学研究員・榊マリコとして主演した。同作はシリーズ化され、初期は低迷気味だった視聴率も2005年頃より安定して長寿番組となった。2019年4月からは初の通年放送となる第19シリーズを放送、2020年10月22日より第20シリーズを放送。
  • 第9回『24時間テレビ』(1986年、日本テレビ系)ではチャリティー活動に取り組み、パーソナリティーを務めた。
  • 2015年、第23回橋田賞を受賞。
  • 同年、京都府警察のイメージアップに大きく貢献したとして、同本部より感謝状を贈呈された。
  • 同年、第13回クラリーノ美脚大賞・特別賞を受賞。

人物

  • 容貌の美しさは小学生時代の恩師が「とにかく光っているなっていうのが第一印象ですね。芸能人になってもおかしくないやろうなと思いました」(要旨)と語ったほどであった。高校生時には「沢口を守ろう」という親衛隊も大勢いたことが、沢口の故郷では伝説として語り継がれているが、沢口本人は「私は知らないんですよ」と述べており、当時の親衛隊の存在を把握していなかった。
  • かつては清純派女優という印象が強かったが、金鳥の「タンスにゴンゴン」のCMでは、田中眞紀子風の政治家やマリリン・モンロー風のセクシー歌手、泉州弁で毒舌を吐く汚れた雛人形やパンクロッカーなどに扮して出演。それまで見せなかったコミカルな面が好評で話題となる。また、これをきっかけとして、近年では地元大阪でのCMならびに番組出演や、舞台『女ひとり』のミヤコ蝶々のように、大阪にゆかりの深い人物を演じることも多くなった。
  • 1988年、当時の阪急東宝グループの一つであった阪急ブレーブスが、1000万円の費用をかけ、球団を紹介する3分間のビデオ「Let’s Go Braves」を500巻作成、球団スカウトに携帯させたほか、ドラフト会議指名候補の有力選手を抱える大学、高校の野球部に約250本を送っており、その中で沢口は「みなさん、阪急ブレーブスをご存じですか?実は、私も所属している東宝と同じ阪急東宝グループの仲間なんです」と語りかけていた。しかし、ビデオが公開された1988年10月14日の試写会からわずか5日後に、同球団がオリエント・リース(現在のオリックス)により買収されることが発表されたため、発送されたビデオはすべて回収されている。
  • 朝日新聞2010年9月25日付のbeランキング「心に残る朝ドラヒロイン」アンケート結果では、『澪つくし』のヒロインであった沢口が第4位にランクインした。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。