お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

南野陽子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

南野 陽子(みなみの ようこ、1967年6月23日 - )は、日本の女優、歌手。愛称はナンノ。兵庫県伊丹市出身。所属事務所はケイダッシュ。

略歴

松蔭高等学校在学中、高校2年生の夏に上京し、堀越高等学校に3学期から編入した。1984年秋、ドラマ『名門私立女子高校』で芸能界デビュー。

18歳の誕生日である1985年6月23日に「純だね、陽子」「可憐だね、陽子」のキャッチフレーズのもと、「恥ずかしすぎて」で歌手デビュー。この時講談社(少年マガジン)で表紙を、「DELUXEマガジン」でいきなり36ページの巻頭ページを飾る。

1985年8月、日生劇場「リトルウィミン−若草物語」で舞台デビュー。

1985年11月スタートのフジテレビ系ドラマ『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主人公の2代目・麻宮サキ役を演じ、一躍トップアイドルの座を獲得。

デビュー時からニッポン放送でラジオ番組「南野陽子 落書きだらけのクロッキー・ブック」でパーソナリティを務めていたが、引き続き、1986年10月2日からニッポン放送の『南野陽子 ナンノこれしきっ!』が開始。1990年6月24日に終了し、伝説の番組となった。ラジオが素の魅力を最大限に引き出すことを証明した。

1987年2月公開の映画『スケバン刑事』に主演。

主題歌の「楽園のDoor」で初のオリコンチャート第1位を獲得する。

その後も「話しかけたかった」「はいからさんが通る」「吐息でネット。」「あなたを愛したい」「秋からも、そばにいて」などヒット曲を連発。曲と同名の映画である「はいからさんが通る」では、主演の南野陽子の衣装が評判を呼び、卒業式や成人式に女子が袴を履くスタイルが広まった。

8曲連続オリコン1位を記録(間をおいて「フィルムの向こう側」でも1位を獲得している。計9曲オリコン1位)。またフジカラー、グリコ、JR西日本など多数の企業のイメージキャラクターに起用されCMに出演。

1988年、NHK大河ドラマ『武田信玄』に出演。1人2役を演じる。ブロマイド年間売上成績で第1位を獲得。同年、グレナダで発行された切手の題材になる。この頃体調を崩し3ヶ月程度入院した。仕事は続けていたため病院からテレビ局に通い、当時のヒット曲「吐息でネット。」を歌っていた。

1989年、1990年と、2年連続、日本テレビ系列『24時間テレビ』のチャリティー・パーソナリティを務める。カンボジアリポートやドラマ、また自身の曲「思いのままに」が番組のメインテーマ曲として使われた。8月、「恥ずかしすぎて」から「はいからさんが通る」まで、CD化されていなかったシングル10タイトルがCDシングルとして再発。内9タイトルがオリコンシングルチャートにランクインした。また同年、当時の所属事務所のエスワン・カンパニーから独立、個人事務所サザンフィールドを設立し、歌手活動としてはビーイングと業務提携した。

80年代後半に最も活躍した女性アイドル四人(中山美穂、工藤静香、南野陽子、浅香唯)は当時アイドル四天王と呼ばれていた。別冊宝島の調査によると、1980年代のシングル総売上げは年間ベスト50位以内のものに限っても232.2万枚と当時の女性アイドル中6位であった。年間ベスト50位以内ランクイン曲数も10曲と当時の女性アイドル中3位であった。

1990年、ウィーン・オーパンバルでデビュタントとして、社交界デビュー。

1992年に歌手活動を休止。その後は女優業に専念する。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。