お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

中山仁



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中山 仁(なかやま じん、1942年9月25日 - 2019年10月12日)は、日本の俳優。本名、中山 仁平。

中華民國・北京生まれ、東京都出身。東京都立雪谷高等学校卒業、早稲田大学第一政治経済学部政治学科中退。オフィスのいり所属。

来歴・人物

早稲田大学を2年で中退後、1964年、文学座付属演劇研究所に第4期生として入る。翌年(1965年)、「劇団NLT」に入団。同年、テレビドラマ『乱れる』(フジテレビ系)に南田洋子の相手役に抜擢され、梶原 仁の芸名でデビュー。1966年に同番組が終了と同時に、芸名を「中山 仁」に改め、化粧品会社のポスターに起用され、売り出しのきっかけをつかむ。同年4月には『ひき逃げ』で映画初出演し、『リュイ・ブラス』で舞台にもデビューを果たす。

1967年、五所平之助により松竹映画『宴』の主役に抜擢されたことで注目を集め、以降は重要な役が増えていく。同年には『囁きのジョー』、『花の宴』などの映画で活躍し、日本映画製作者協会(エランドール賞)新人賞を受賞する。1968年、三島由紀夫主宰の劇団「浪曼劇場」創立に参加し、1972年の解散まで所属。

1970年代以降は、主な活躍の場をテレビに移し、テレビドラマ『サインはV』(1969年、TBS)でお茶の間でもおなじみの顔となる。翌年(1970年)に同作は映画化もされ、中山は鬼コーチの代名詞となった。『サインはV』の撮影は体育館ばかりだったため、大ヒットドラマという実感を味わうことはなかったが、1973年に続編が制作され、前作と同じ牧コーチ役で出演した時、初めて1作目の熱量に気づいたという。

そのほか、『七人の刑事』『ウルトラマン80』『付き馬屋おえん事件帳』といった、さまざまなジャンルのドラマに出演した。『80』にはUGMのオオヤマ一樹キャップ役で出演し、オファーを承諾した理由について、『サインはV』でメディアの力の凄さを知ったことが大きかったと語っている。

コンタックのCMではコミカルな役柄で注目され、2000年以降もバイプレーヤーとして単発ドラマや舞台を主な活動の場としている。

1968年に映画『激流』で共演した女優・寺田史(俳優・寺田農の実妹)と結婚し、二子あり。娘の中山玲は女優として活動しており、もう一人の娘はピアニスト・歌手のari。

趣味は釣り。特技は歌唱で、テイチクと専属契約を結び数枚のシングルレコードをリリースしていた。

2019年10月12日午後5時25分に肺腺癌によって東京都内の自宅で死去していたことが、同年11月11日に発表された。享年77。

出演

テレビドラマ

  • 乱れる(1965年、THK)
  • 亜矢子(1966年、ABC)
  • 近鉄金曜劇場 / 愛とこころのシリーズ 遠い道(1966年、ABC) - 主演
  • 今井正アワー / 海の心の通うとき(1966年、NET)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
大人:7,700円
中学生以下:4,400円
(全席指定・税込)

※WEB予約のみでの受付となります。
2022年1月7日 (金) 〜
2022年1月9日 (日)
博品館劇場