お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

安蘭けい



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

安蘭 けい(あらん けい、本名・安田瞳子、1970年10月9日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組トップスター。

血液型AB型、公称身長167cm。愛称は「とうこ」。滋賀県甲賀郡(現・湖南市)出身。ホリプロ所属、所属レコード会社はポニーキャニオン。

略歴

本籍地および祖父の出身地は韓国慶尚南道である。

1989年、宝塚音楽学校入学。卒業時の成績は首席。

1991年、第77期生として宝塚歌劇団に入団。月組『ベルサイユのばら』で初舞台を踏む。同期生には春野寿美礼、朝海ひかる、花總まり、成瀬こうきなど。

1992年、雪組に配属される。

1995年、新人公演『JFK』で初主演。ジョン・F・ケネディ役を演じる。

『エリザベート』のルドルフの子供時代や「ICARUS」のイカロスなど、少年役を相次いで演じた。1999年頃からは組替えで雪組に配属、同期の朝海、成瀬とともにトリオで使われることが多かった。後に「雪組三兄弟」(当時流行していただんご三兄弟に由来)とも呼ばれる。

2000年、星組に組替え。

2003年には日生劇場『雨に唄えば』でドン役を演じる。さらに『王家に捧ぐ歌』では事実上のヒロイン・アイーダ役を演じる。『ミュージカル』誌では作品がベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門2位、さらに松尾芸能新人賞も受賞した(現役のタカラジェンヌでは初の受賞)。2004年には『ファントム』日本初演でシャンドン伯爵を演じる。翌2005年、主演公演『龍星』では、複雑な生い立ちをもつ孤独な主人公を務めた。

2006年には『ベルサイユのばら』が再演され、大劇場と東京でそれぞれオスカルとアンドレを演じた。なお、この再演により本公演でオスカル・アンドレ・フェルゼンと男役が演じる三役全てを演じたことになり、これは宝塚史上初である。

2006年、湖月わたるの退団を受け、入団16年目にして星組トップスターに就任する。日本国籍でないことを公表したタカラジェンヌがトップスターに就任した例は鳳蘭(中国籍、後に日本に帰化)に次ぐ2人目。相手役には専科より遠野あすかを迎える。お披露目公演は、ドラマシティ・日本青年館公演「ヘイズコード」。大劇場お披露目公演は『さくら/シークレットハンター』。

2007年、『エル・アルコン-鷹-』では、ダーティー・ヒーローを演じた。

2008年には熱望していた『赤と黒』を上演。同年6月、日本初演ブロードウェイミュージカル『THE SCARLET PIMPERNEL』を上演。同作の作曲家フランク・ワイルドホーンより、「ビューティフルでソウルフル。ブロードウェーの一流の歌手と苦労して作った曲を情熱的に見事に歌ってくれた」と絶賛される。同作品は第34回菊田一夫演劇賞演劇大賞を受賞。「月刊ミュージカル」誌でもベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門1位を獲得した。

これらの受賞を機に、退団を決意、2009年4月26日、『My Dear New Orleans〜愛する我が街〜/ア ビヤント』の東京公演千秋楽を最後に退団。相手役の遠野と同時退団だった。

2009年、8月から公演されるミュージカル『The Musical AIDA -宝塚歌劇団「王家に捧ぐ歌」より-』アイーダ役で女優としてデビュー。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。