お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

忍成修吾



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

忍成 修吾(おしなり しゅうご、1981年3月5日 - )は、日本の俳優。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。

来歴

1981年、3人兄弟の末っ子長男(姉が2人いる)として千葉県に生まれる。高校時代から雑誌『Popteen』や『東京ストリートニュース』といった高校生向け雑誌の読者モデルの一人として人気を博し、1998年、モデルとして芸能界に入る。

1999年、テレビドラマ『天国に一番近い男』で俳優デビュー。2001年、岩井俊二監督の映画『リリイ・シュシュのすべて』で元優等生でいじめの主導者である中学生・星野修介を演じ、この作品への出演がきっかけで注目を集める。

2010年、瀬々敬久監督による上映時間4時間38分にも及ぶ大巨編映画『ヘヴンズ ストーリー』にメインキャストの一人として出演。

2014年には、舞台『幽霊』に出演。同年、大河ドラマ『軍師官兵衛』に出演し、豊臣秀吉に仕えたキリシタン大名の小西行長を演じた。

人物

悪役やクセのある役を演じることが多く、映画やドラマだけにとどまらず、『痛快TV スカッとジャパン』でもナルシストな演技を披露しているが、2009年のドラマ『スマイル』では、エリートで真面目ではあるもののシリアスなサラリーマンを演じている(結果的に主人公を絶望させてしまう)。

20代後半、役者という仕事に行き詰まり、いろんな自分を開拓するために足場組みのバイトをやっていた。その時の仕事仲間からの励ましや現場での経験が役者を続けるうえでも刺激になったという。

出演

テレビドラマ

  • 天国に一番近い男 第7話(1999年2月19日、TBS) - 皇大 役
  • 天然少女 萬 第2話(1999年2月25日、WOWOW)
  • ナオミ 第2話(1999年4月21日、フジテレビ) - 教え子 役
  • DAIBAクシン!!cheki b.(1999年4月3日 - 9月25日、フジテレビ) - 久住信太郎 ※番組内のドラマ「夏までのダイアリー」(全11話)に出演
  • コワイ童話「シンデレラ」 最終話(1999年5月10日、TBS) - 茶髪男 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。