お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

シム・ウンギョン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

シム・ウンギョン(韓: ???、1994年5月31日 - )は、韓国出身の女優、タレント。ソウル特別市生まれ。身長160.5cm、血液型B型。ユマニテ所属。

略歴

ソウルオンブク小学校?潭中学校卒業。?潭高等学校入学後、2010年秋にアメリカ留学。2013年6月、ニューヨークのプロフェッショナル・チルドレンズ・スクールを卒業。

2004年、ドラマ『張吉山』で子役デビュー。数多くのドラマや映画の出演実績があり、韓国ドラマの序盤の数話で描かれる主人公やヒロインの幼少期役の常連であった。ドラマ『ファン・ジニ』では主人公ファン・ジニの幼少期役を演じ、2006年にKBS演技大賞青少年演技賞を受賞。その後、韓国芸能誌などで「子役スター」と称されるなど韓国の人気子役となった。

また、日本でもNHKの韓国ドラマシリーズで『春のワルツ』『太王四神記』『ファン・ジニ』と3本立て続けに登場している。

2014年に主演した韓国映画『怪しい彼女』が観客動員数860万人を超えるヒットとなり、第50回百想芸術大賞最優秀主演女優賞をはじめ多数の賞を受賞(#受賞歴参照)。作品自体も日本を含む計8言語でリメイクされるという世界初の記録を打ち立てた。その後も、映画『少女は悪魔を待ちわびて』『サイコキネシス -念力-』『ときめき?プリンセス婚活記』など数々の話題作に主演。

2017年4月、日本の芸能事務所ユマニテとマネジメント契約を締結。

2019年4月から5月にかけて舞台『良い子はみんなご褒美がもらえる』にサーシャ役で出演し、日本の舞台初出演を果たした。同年6月には、松坂桃李とW主演を務めた映画『新聞記者』が公開。第43回日本アカデミー賞優秀主演女優賞及び最優秀主演女優賞、第74回毎日映画コンクール女優主演賞、第11回TAMA映画祭最優秀新進女優賞を受賞し、作品自体も日本アカデミー賞最優秀作品賞を獲得した。

2020年1月、tvNドラマ『マネーゲーム』に出演し、「のだめカンタービレ」以来、6年ぶりに韓国のドラマ復帰を果たし、10月には日本でもテレビ朝日系ドラマ『七人の秘書』で日本のドラマに初出演を果たし、韓国と日本両方で活躍を続ける。

人物

趣味は歌、特技はテコンドー。

中学生の頃から岩井俊二や是枝裕和の映画に影響を受け、いつか日本でも仕事をしたいという気持ちを持ち、日本でも活動するようになる。

上述の通り、第43回日本アカデミー賞において、優秀主演女優賞及び最優秀主演女優賞を受賞している。日本アカデミー賞の歴史において、演技部門の優秀賞を外国人が受賞するのは、ペ・ドゥナ以来2人目であるが、最優秀賞を受賞するのは、史上初の快挙である。

韓国で女優としての地位を確立しているが、俳優という職業はキャリアを積むことより経験と素養が大事だという考えを持ち、海外留学や日本への進出も前向きに取り組んでいる。

Apinkのソン・ナウンとは小中学校の同級生で幼馴染である。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。