お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

木村多江



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

木村 多江(きむら たえ、1971年3月16日 - )は、日本の女優である。東京都出身。融合事務所所属。

略歴

白百合学園高等学校を経て、昭和音楽芸術学院ミュージカル科卒業。大学在学中から『美少女戦士セーラームーン』に出演するなど舞台女優として活動。19歳より舞台に立っていたが、21歳の時には父親が急逝し、パン屋やホテルスタッフ、レストラン、コーヒーショップ、知育研究所など朝から晩まで様々なアルバイトを3つ掛け持ちして家計を支えた。20代後半は働き過ぎで睡眠時間が1 - 2時間しかなかったという。

2005年6月に広告代理店電通の社員と結婚し、2007年8月に妊娠を発表。体調などを考え『大奥』を降板し、主演ドラマ『上海タイフーン』は制作途中で無期延期となる。2008年2月23日に第1子(長女)を出産。出産後初の公の場となった主演映画『ぐるりのこと。』のプレミア試写会や、『上海タイフーン』の製作発表会見時に自らの妊娠による製作延期に触れ、謝罪した。

初主演映画『ぐるりのこと。』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞、高崎映画祭で最優秀主演女優賞を受賞する。2010年の日本アカデミー賞の司会を関根勤と共に務めた。

2010年、CNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれた。

2017年10月5日放送開始の『ブラックリベンジ』は民放の連続ドラマでの初主演。

人物

特技はバレエ、日本舞踊(師範)。野菜ソムリエの資格ももつ。

1999年のドラマ『リング〜最終章〜』と『らせん』での山村貞子役で注目され、以降『救命病棟24時』の山城紗江子役や『白い巨塔』での林田加奈子役、『カレ、夫、男友達』『ゼロの焦点』などに出演。演じた役柄から「薄幸女性がよく似合う」「日本一不幸役が板につく女優」などと称され、他の同世代女優とは異なる唯一無二のポジションを確立する。しかし木村本人はこれについて、「毎回苦しい」という思いも打ち明けている。

30歳の時、連続ドラマが何本も重なる多忙な中、4日間の断食プログラムに参加。終了後、病院から「硬いものと油もの(ピーナッツ)等は当面控えてください。」と言われたのにもかかわらず、回復食としてピーナッツを選び、お腹が破裂しそうなほど膨らんでしまう。救急車で救命に運ばれたが、たまたま対応した医師が『救命病棟24時』の監修者本人で、「山城紗江子(ドラマの役名)」の名で言われてドラマのスタッフの耳に伝わり、恥ずかしい思いをしたというエピソードがある。

出演

太字は主演。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。