お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

岩田光央



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

岩田 光央(いわた みつお、1967年7月31日 - )は、日本の声優、俳優、歌手。埼玉県所沢市出身。アクロス エンタテインメント所属。

来歴・エピソード

小学4年生の頃によい映画を見る会という団体が企画した、埼玉県在住の小学生をメインキャストにした教育映画『あすも夕やけ』という作品に、通っていた小学校の代表としてオーディションに参加し、運よく準主役で受かり夏休みいっぱいロケに参加し初出演を果たす。その映画には先生役で風間杜夫や、お母さん役で樹木希林が出演していたりと、教育映画にしてはかなり本格的な作品であった。雨の中で泥まみれになるシーンや、ケンカをするシーンがあったりと、ロケは結構大変ではあったが、子供心にすごく楽しかったという。

この作品には小学生が十数人ほど出演していたが、その出演者の中に劇団こまどりに所属していた当時子役だった熊谷誠二がおり、岩田がロケの間、事あるごとに熊谷に「面白いね、面白いね」と言っていると、熊谷から「じゃあ、うちの劇団に来れば?」と勧められる。それを機に、親に「半年くらい劇団に通わせてくれ」と頼み込む。

最初は反対されたものの、岩田の粘り強さにとうとう根負けし「そんなにやりたいなら、レッスンにも、仮に仕事が決まったとしても、親は一切ついていかない」という条件付きで許可を貰う。そして、小学5年生の5月14日に劇団こまどりに入団、表現の道へと入る。それ以前は、特に役者志望だったというわけではなく、映画に興味があるとか、演技をしてみたいなんていうことはまったく考えていなかったのだが、現在までこういう世界にいさせてもらっているというのは不思議な感じがするとの事。

アニメ版『AKIRA』の主人公・金田は岩田の転機となった役となり、『AKIRA』の出演で、声優としての岩田のネームバリューは上がったが、当時所属していた劇団こまどりは声優に特化した事務所ではなかったため営業をしてもらえず、『AKIRA』でのキャリアは「淡々と1本映画をやった」という形だけだった。そのため、声優の仕事が増えず、数年間仕事が来なくてつらかったという。

『ここはグリーン・ウッド』6巻(白泉社文庫版)の巻末解説で、声優活動初期には、声優として未熟だったためよく叱られたと語っている。これは役者の演技と声優の演技が異なるためである。また自分を一人前の声優として育ててくれたのは『ここはグリーン・ウッド』だったとも語っている。

中学2年生の時に「Checker's」というバンドを結成。ビートルズ、ヴァン・ヘイレン、イーグルス、ジャーニー、オフコースなどの幅広いジャンルのコピーバンドで、ボーカルを担当。スタジオ練習時のデモテープが一本のみ存在するが、現在所在は不明。埼玉県立所沢西高等学校の出身者であり、高校時代は美術部に所属していた。その後東洋美術学校にも通っていたが中退している。

生徒役で出演した『1年B組新八先生』で人気者になり、放送当時は雑誌で特集が組まれたり、月にファンレターが1万通届くほどだったという。ただし、現在は月に2通程度とのこと。

普通一人二役は珍しくないが、『勇者王ガオガイガー』では1作品でスタリオン・ホワイトとマイク・サウンダース13兄弟、肋骨原種の15人分演じたことがある。

『風の谷のナウシカ』のオーディションに呼ばれてアスベル役を受けたが、最後の2人まで残ったもののアスベル役は松田洋治に決定され落選したという。また『テニスの王子様』のオーディションに5回呼ばれたが、5回とも落ちたと語っている。

『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズのKUSANAGI(シリーズの主人公である草薙京のクローンまたは幻影)においては『AKIRA』の島鉄雄に酷似したK9999というキャラクターとの特殊デモがある。また、同シリーズ当初、草薙京のボツ案である霧島翔を演じており草薙京の声優として採用候補に挙がっていたという逸話がある。

2010年、イラストレーターのいしいのりえとユニット「カナタ」を結成し、朗読劇『あぶな絵、あぶり声』はシリーズ化している。

2013年、第7回声優アワードパーソナリティ賞を受賞。

2014年4月1日、Twitterにて、同年3月31日をもって大沢事務所を退所し 、アクロス エンタテインメント所属になったことを発表。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。