お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

露木茂



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

露木 茂(つゆき しげる、1940年12月6日 - )は、日本のフリーアナウンサー。

元フジテレビアナウンサー。東京国際大学特命教授・客員教授。日本記者クラブ企画委員。

TBSスパークル(旧:キャスト・プラス)所属。妻は早稲田大学時代の同級生で同じアナウンス研究会に所属していた元NETテレビ(現:テレビ朝日)アナウンサーの軽部和子。息子2人も父である自身や妻と同じく早稲田大学の出身者。

来歴

東京市麹町区(現:東京都千代田区)出身。千代田区立麹町小学校、千代田区立麹町中学校、早稲田大学高等学院を経て早稲田大学政治経済学部経済学科に入学。高校・大学時代はボート部、大学途中でアナウンス研究会に所属し、大沢悠里、鈴木史朗と会友だった。また、アナウンサー同期でもある徳光和夫は古くからの友人である。高校は東京都立九段高等学校にも並行して籍が存在したことがある。

大学卒業後の1963年、アナウンサーとしてフジテレビに入社し、1970年には『小川宏ショー』での司会ぶりが評価され、第7回放送批評家賞(ギャラクシー賞)を受賞する。

『小川宏ショー』終了後は、昼の報道番組でキャスターを通算9年、夕方の報道番組でキャスターを5年務め、あさま山荘事件や日本航空123便墜落事故が発生した際に、フジテレビの報道特別番組を担当した。この報道特別番組での功績が認められ、日本新聞協会賞を受賞する。

その傍ら、1978年から18回の長きに渡り『FNS歌謡祭』の総合司会を担当するなど、バラエティの分野でも活動した。アナウンサーと兼務する形で、1969年に報道局解説委員、その後はアナウンス部副部長、アナウンス部専任部長、編成局専任局次長、編成局専任局長、役員待遇メディア事業本部専任局長、役員待遇解説委員・エグゼクティブアナウンサーを歴任した。先輩の山田祐嗣が退職した1989年からは、フジテレビにおける最年長・最古参のアナウンサーだった。

フジテレビ在籍中には文化放送『露木茂のHOTほっと土曜ワイド』のパーソナリティを担当し、『小川宏ショー』で共演していた小川宏とともにテレビ朝日『徹子の部屋』(1976年5月5日)に出演したこともある。『徹子の部屋』に他局の現職アナウンサーが出演した唯一のケースである。また、『FNNニュースレポート11:30』で共演していた部下の小出美奈と共にTBS『クイズダービー』(1986年11月15日)にもギャンブラーで出演したこともある。

2002年に役員定年(契約満了)を迎えフジテレビを退職してフリーに転身し、同年4月から1年間、露木にとって初の他局レギュラー出演となるTBSテレビ『おはよう!グッデイ』の総合司会を務めた。

フジテレビ在籍中から日本大学芸術学部講師として「アナウンス実習」を担当し、その他にも日本大学文理学部講師(「情報社会論」担当)などの教職も務めた。フジテレビ退職後も、2002年4月から2011年3月まで東京国際大学国際関係学部の教授を務めたほか、2003年4月から2011年3月までは早稲田大学客員教授としてマスコミュニケーション論を担当した。

かつて、事件の立てこもり犯を説得したことがあると2017年にゲスト出演した『爆笑問題の日曜サンデー』にて語った。

現在はフリーの司会業や講演活動に加え、東京国際大学特命教授を務めるほか、日本記者クラブ企画委員として、日本記者クラブ主催討論会の司会も務めている。

人物・エピソード

  • 学生時代のアルバイトは学生バンドの司会、東京中日新聞の電話ニュースアナウンサー。
  • フジテレビの前に日本麦酒(後のサッポロビール)の内定を得ていた。後年に露木が担当していたニュース番組でドライ戦争に関する特集を組んだ際、ビール会社を志望した理由について「ただでビールが飲めるだろうから」と語っていた。
  • フジテレビへの入社は4月1日ではなく3月1日となっている。当時のフジテレビはニッポン放送と文化放送の共同出資で設立されてから年月が浅く、自社アナウンサーが不足しており、新人でも即戦力として仕事をせよと言われたためで、早大の在学末期からアナウンサー研修を受けていた。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
8名限定!S席6,500円(全席指定・税込) → 4,500円さらに2000Pゲット!(10/21 19時05分更新)

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)
2021年10月23日 (土)
練馬文化センター
大ホール(こぶしホール)