CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 小野寺ずる

小野寺ずる

小野寺ずる



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小野寺 ずる(おのでら ずる、1989年5月17日 - )は、日本の女優。

宮城県気仙沼市出身。女子美術大学卒業。所属事務所はBLUE LABEL。

略歴

宮城県気仙沼市の沿岸部で18年間生まれ育ち、幼少期には日本舞踊や作文朗読に親しみ、軽音楽部に所属してステージに立って歌や楽器演奏をしていた。

神奈川県の女子美術大学に進学し、絵では食べていけないと始めた就職活動が難航する中で「舞台などをやってみたら」「好きなことをやり、アルバイトをしながら生活するのも、少しの間ならいいのでは」と父に勧められて、4年生になった直後の2011年4月にオーディションに合格して劇団「□字ック」第三回本公演『燦燦』で初舞台に立ち、舞台を中心に活動を開始する。

2013年に劇団「□字ック」に入団し、KAKUTA、燐光群、タカハ劇団、堤幸彦演出作品など外部作品にも多く出演するなど年7、8本のハイペースで舞台出演を続ける。2014年には主演を務めた劇団「□字ック」第八回本公演『荒川、神キラーチューン』での演技により「CoRich舞台芸術まつり!2014」にて俳優賞を受賞。2018年6月末で5年間在籍した劇団「□字ック」を退団する。

2019年3月に個人表現研究所「ZURULABO」を開設し、同年5月に「小野寺ずる 30年生きたね記念! 第一回研究発表会」として60分の一人芝居『同じ浄土に咲く花で』を上演する。

役者活動の傍らで、「糞詩人」「思春画家」「ド腐れ漫画家」などと自称し、『演劇ぶっく』、『日刊SPA!』の連載や自身のSNSを通じてイラストやポエムを発表している。

人物

身長は159cm。

特技は東北弁、絵を描く、ドラム演奏。

趣味は4コマ漫画制作、写真鑑賞、過眠、散歩。

芸名の「ずる」の由来は、母が「ちずる」という名の親友を呼ぶときの「ずるちゃん」の響きに惹かれたことから。漢字表記では「狡(ずる)い」の「狡」で、「狡」の字がセクシーだと思ったとしている。

出演

舞台

劇団□字ック公演
 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。