お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

大信田礼子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

大信田 礼子(おおしだ れいこ、1948年9月15日 - )は、京都府京都市出身の女優、歌手。

人物・来歴

60年代の京都の名門校京都府立鴨沂高等学校に64年に入学。在学中の1966年、アメリカで開かれたミスコンテスト10代女王コンテスト世界大会で優勝したのがきっかけで、同年にNHKの「太郎」でデビュー。東京の私立女子高校に転向し1967年に卒業した。

抜群のスタイルを生かしてアクション映画を中心に多数の映画に出演、東映『ずべ公番長』シリーズ全4作の主演などで人気を得た。

1970年「女の学校」でCBSソニーから歌手デビュー。以後、歌手とテレビドラマの仕事が増えた。レコードプロデューサーは酒井政利だったが、酒井が権利を獲得した『同棲時代-今日子と次郎-』(1973年公開、由美かおる主演、上村一夫の劇画の映画化)の主題歌「同棲時代」を歌い、代表曲になった。大信田自身も映画に出演。

テレビドラマでは、東京12チャンネルで1969年から始まった『プレイガール』の途中から出演した。

1974年、「同棲時代」を作曲した作曲家都倉俊一と結婚し引退状態となった。だが美術やクラシック音楽の知識があまりなかった大信田に、君はそんなことも知らないのか、と冷たく当たったことなどが原因で、1978年に離婚、カムバックした。その後も女優としてドラマ、舞台で活動している。

2013年には久しぶりにドラマ相棒 Season12に出演し、元気な姿を見せた。

エピソード

  • 歌手の沢田研二とは京都の小・中・高校の同級生。
  • 阪神時代の江夏豊が彼女の大ファンだった。
  • 映画『同棲時代』は由美かおるのヌード・ポスターが話題になったが、脚本にSMシーンが登場するなどロマンに欠ける部分があり、映画の評価は低かった。
  • ドラマ『プレイガール』では70年の52話から85話まで出演した。。このドラマでは西尾美枝子、片山由美子らと共演している。
  • ドラマ『旅がらすくれないお仙』のかみなりお銀役で、髪をアップにして男物の海パンを履いて走り回るのは彼女自身のアイデア。
  • シングル曲『同棲時代』は当初、作曲家の都倉とソリが合わなかったので彼女は「アカン」と思っていたが、それを聞いた酒井政利は「(それなら逆に)ヒットするかもしれない」と感じた。

フィルモグラフィ

映画

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。