お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

ドロテ・ジルベール



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ドロテ・ジルベールDoroth?e Gilbert, 1983年9月25日 - ) は、フランス・トゥールーズ出身のバレエダンサー。

2007年以来、パリ・オペラ座のエトワールをつとめている。

経歴

生い立ち

7歳でバレエを始める。地元のコンセルヴァトワールで学んだ後、1995年にオペラ座付属バレエ学校に入学する。当時縫製業を営んでいた両親は、娘を寄宿舎に入れることを嫌い、工場を畳んで一家を挙げてパリに移住することに躊躇しなかった。

ジルベールは後年、バレエ学校での授業は難しかったと述懐しているが、入学2年目には発表会で重要な役を踊るようになり、翌年の発表会では『火の鳥』のタイトルロールを演じた。

パリ・オペラ座入団後

2000年、17歳でオペラ座のコール・ド・バレエとなる。2002年にコリフェに昇進し、在任中『ドン・キホーテ』で通例スジェ(ソリスト)が配役されるブライズメイド(花嫁付添人)の役を演じる。2004年にはスジェに昇進し、早くもキトリの大役に抜擢される。彼女はオペラ座の舞台で、ベテランたちを相手にその実力を証明し、関係者や観衆に将来の成功を確信させることとなった。

2005年、プルミエ・ダンスール(第一舞踊手)に昇進し、『ロミオとジュリエット』(ルドルフ・ヌレエフ振付)のヴァリエーションや、ローラン・プティ振付『カルメン』(抜粋)のヴァリエーションなどを踊った。かつてのオーレリー・デュポンの時と同じ位の確実さでエトワールへの道へと進み、翌2006年には『ラ・バヤデール』のガムザッティを演じて大成功をおさめた。

同年、オペラ座のエトワールであるマニュエル・ルグリの企画による海外公演「マニュエル・ルグリと仲間たち」に参加。日本公演では、『白鳥の湖』のオデット/オディールを初めて踊った。

2007年、ジルベールはルグリ振付の『ドニゼッティ・パ・ド・ドゥ』をマチュー・ガニオとの共演で初演した後、『ラ・フィユ・マル・ガルデ』(フレデリック・アシュトン振付、アレクサンダー・グラント改訂)で、リーズ役を演じた。

エトワールとして

2007年11月19日、マニュエル・ルグリ(彼はオペラ座付属バレエ学校時代、ジルベールの父親の様な存在であった)との共演による、『くるみ割り人形』の公演終了後、24歳にしてエトワールに任命された。彼女の並外れたテクニックと、フランスのバレエ教育の長所を感じさせる踊りは称賛され、以後は定期的に国際的なガラにも招待された。その際、しばしば同年輩のエトワール、マチアス・エマンが行動を共にした。彼らは自分たちで海外公演のスケジュールを検討した上で、モナコや東京で『ジゼル』の公演を行った。

2009年5月、ジルベールはをオペラ座では初演となる、ジョン・クランコ振付『オネーギン』でタチアナを演じ、大成功をおさめる。2ヵ月後に、彼女はオペラ座のオーストラリア公演に参加し、『ラ・バヤデール』のガムザッティを演じた。同年12月には、イタリア・パレルモの劇場に招かれ、『眠れる森の美女』のオーロラ姫を演じる一方で、パリでは『くるみ割り人形』の公演も数回こなした。

2010年の初め、ジルベールは怪我をしたがすぐに回復し、3月のオペラ座の日本公演に参加。ジゼルのタイトルロールをつとめた他、『シンデレラ』の義姉役なども演じた。とりわけイタリアでの評価は高く、4月から7月にかけて、メッシーナ、サン・レモ、アックイ・テルメで『コッペリア』を演じた。7月にはピエール・ラコットの新作『三銃士』で、アンヌ王妃を演じた。数ヵ月後、モスクワとカナダ・トロントでのガラを挟んで、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに招かれ、アメリカン・バレエ・シアターのプリンシパル、マルセロ・ゴメスと『ドン・キホーテ』を踊った。また、同年5月には、『ラ・バヤデール』のニキヤを踊ったが、別の日の公演では当たり役のガムザッティを演じた。6月には『ドガの小さな踊り子』のタイトルロールを演じ、この模様は全ヨーロッパに生中継された。

オペラ座の2011/2012年シーズンの開幕公演で、元ボリショイ・バレエの芸術監督、アレクセイ・ラトマンスキーがオペラ座のために振付けた『プシューケー』を演じ、2011年10月にはベトナムのハノイで、『ライモンダ』の第3幕と、『ダイアナとアクティオン』のパ・ド・ドゥをステファン・ビュヨンと踊った。このシーズンは多忙を極め、パリでは『シンデレラ』と『オネーギン』の主役を演じた他、オペラ座のビアリッツでの巡業に参加し、さらにはサレルノ、オランダのアムステルダム、ギリシャのアテネにも招かれた。また、2012年1月から2月のオペラ座の東京公演の際には、バンジャマン・ペッシュ、イザベル・シアラヴォラ、フロリアン・マニュネらとともに、東日本大震災で被災した宮城県下のバレエ教室でレッスンを行い、ジルベールは石巻市を担当した。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<カンフェティ取扱チケット>
先着限定!
S席:14,000円 → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
(全席指定・税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。6/15(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2019年7月27日 (土)
大阪フェスティバルホール
販売終了