お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

西村由紀江



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

西村 由紀江(にしむら ゆきえ、1967年5月8日 - )は、日本の作曲家・ピアニスト。大阪府豊中市出身。桐朋学園大学ピアノ科卒業。株式会社モデラート所属。

来歴

3歳でピアノを始め、小学生時代にヤマハ・ジュニア・オリジナル・コンサート(JOC)に参加し世界各国を演奏旅行。桐朋学園大学在学中の1986年にアルバム「Angelique」を制作。

1988年から10年間「西村由紀江の日曜はピアノ気分」(読売テレビ)に出演。1991年にテレビドラマ 『101回目のプロポーズ』 の音楽を担当し、同タイトルのサウンドトラックはオリコン3位。ドラマ 『親愛なる者へ』のBGMも担当。1998年にドニー・イェン監督・主演の映画『ドニー・イェン COOL』の音楽を担当した。

2006年に映画『子ぎつねヘレン』 の音楽を、NHK教育テレビの趣味講座番組 『趣味悠々』で『西村由紀江のやさしいピアノレッスン 世界の名曲を弾いてみよう』 の講師を担当。2007年12月、『趣味悠々・選』 として再々放送された。

北海道新聞でエッセイ「音のかたち」を2008年7月まで約3年間連載する。テレビ番組「情熱大陸」の収録で知床を訪れて以来、同地域をテーマにした「いとしき知床」を作曲し、同名のタイトルのCDを制作したほか、斜里町で演奏を行う。

2007年4月1日に財団法人ヤマハ音楽振興会より独立し、個人事務所である株式会社モデラートにて活動する。同年9月、自叙伝「あなたが輝くとき」を出版、北海道放送(HBC)制作のドラマ「さいはての向日葵(ひまわり)」の音楽を担当し音楽教師役で出演、映画『Mayu -ココロの星-』(音楽担当)が公開。

東日本大震災後は、津波で流されたり、地震の揺れでピアノが壊れたりした家庭に、五百台を目標に寄贈する活動を「スマイルピアノ500」という被災地支援プロジェクトとして、インターネットで提供を呼びかけ、これまでに46台を調律し直し、被災者に届けてきた。各家庭には自ら足を運び“弾き初(ぞ)め”も行ったり、学校訪問コンサート等を行っている。

作品

シングル

オリジナルアルバム

セルフカバーアルバム

ベストアルバム

サウンドトラック

映像作品

CD-BOX

海外限定アルバム


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。