お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

小貫岩夫



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小貫 岩夫(おぬき いわお、1967年(昭和42年)4月18日 - )は、日本の声楽家(テノール)。合唱指揮者。

経歴

北海道小樽市出身。同志社大学神学部卒業後、大阪音楽大学卒業。

同志社時代は同志社グリークラブに所属しソリストとして一時代を築いた。

音大在学中の1995年「魔笛」タミーノ役に抜擢され、テオ・アダムと共演しデビュー。この成功により翌年、ケムニッツ市立歌劇場(ドイツ)に招聘出演し地元紙より好評を得る。

文化庁オペラ研修所第11期修了。1998年度文化庁派遣でミラノへ留学。

帰国後数々のコンクールで優勝・入選し、二期会、新国立劇場を中心に活躍。「鳴神」(市川團十郎演出)、「コジ・ファン・トゥッテ」(宮本亜門演出、文化庁芸術祭大賞受賞)、2007/2010年二期会「魔笛」タミーノ役(実相寺昭雄演出)、2011年佐渡裕プロデュース「こうもり」アルフレード役などで喝采を浴びた。2013年から3年連続で二期会のオペレッタの主役や、2018年には東京二期会公演「魔弾の射手」(ペーター・コンヴィチュニー(英語版、ドイツ語版)演出)の主役マックスを務めるなど、新たな境地の開拓に挑戦し続けている。

コンサートでも、主要オケとの共演で高い評価を得ている他、テレビ・ラジオにも度々出演。2011/13/15年にウィーンオペラ舞踏会管弦楽団のニューイヤーコンサートのソリストとして舞台を飾った。2010年からは毎年、東京と大阪でリサイタルを開催し好評を得ている。

2013年天皇明仁・皇后美智子(当時)両陛下御親覧のチャリティー・ボールで演奏し御言葉を賜る他、フィレンツェではイタリア元首相夫妻主催のコンサートに招かれた。

合唱団の指導者としては関西学院グリークラブ、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団、慶應義塾ワグネル・ソサィエティーOB合唱団、立教大学グリークラブ男声、同志社グリークラブ、法政大学アカデミー合唱団、東京アカデミー合唱団、しなの合唱団などのヴォイストレーナー、また大阪外国語大学グリークラブOB(東京)の指揮者として活躍している。

二期会会員、二期会オペラ研修所講師。日本声楽アカデミー会員。

エピソード

小貫が同志社グリークラブ在籍中、第38回(1989年)東西四大学合唱演奏会のステージリハーサルにおいて、同志社グリークラブの福永陽一郎指揮「月光とピエロ」を聴いた畑中良輔は「わかってるわよ。トップテノールに皇帝ペンギンみたいなすごいのがいるわね」と言ったという。このとき既に畑中は小貫の力量を認識していた。

ディスコグラフィー

主なものを掲載する。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。