お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

小野梓



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小野 梓(おの あずさ、1852年3月10日(嘉永5年2月20日) - 1886年(明治19年)1月11日)は、日本の法学者。明治の政治運動家。専門は英米法。土佐国宿毛(高知県宿毛市)出身。男性。親友であった大隈重信を助け、東京専門学校(現在の早稲田大学)の創立の事実上の中心者となり早稲田大学建学の母とも言われている。ジェレミー・ベンサムの思想を分析した。

略歴

  • 1852年(嘉永5年)2月20日?: 土佐国宿毛に軽格の武士の子として生まれる。幼名は一(てついち、?一)。
  • 1871年(明治4年)-1874年(明治7年): 米国および英国に留学。
  • 1874年(明治7年): 啓蒙団体「共存同衆」を結成。
  • 1876年(明治9年): 司法省官吏となり、後5年間在職。
  • 1882年(明治15年): 3月、大隈重信の幕下として立憲改進党を結成。10月、東京専門学校(現、早稲田大学)を創立。
  • 1885年(明治18年): 主著『国憲汎論』の著述を完了。
  • 1886年(明治19年): 肺結核を悪化させ死去。享年33。
  • 関連項目

    • 交詢社
    • 早稲田大学仏教青年会 小野梓がつくった仏教団体。
    • 冨山房 小野梓が設立した「東洋館書店」の後進。

    参考文献

    • 『小野梓全集』全5巻(早稲田大学出版部、1979-1981年)
    • 永田新之允『小野梓』(冨山房、1897年)
    • 西村真次『小野梓伝』(冨山房、1935年)
    • 中村尚美『小野梓』(早稲田大学出版部、1989年)

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。