お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

坂田利夫



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

坂田 利夫(さかた としお、1941年10月7日 - )は、日本のお笑い芸人である。本名・地神 利夫じがみ としお)。吉本新喜劇および、漫才コンビ「コメディNo.1」の元メンバー。通称アホの坂田坂田師匠と呼ばれることが多い。

大阪府大阪市港区田中1丁目出身。吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)大阪本部所属。独身。此花商業高等学校(現・大阪偕星学園高等学校)卒業。『日曜笑劇場』などにゲスト出演する際は、舞台登壇時は恒例のお約束として、漫才コンビ時代にリリースしたキダ・タロー作曲の『アホの坂田』が出囃子に使用される。

芸名は将棋棋士の阪田三吉に由来するが、将棋は苦手。

来歴

  • 1941年10月 大阪府大阪市港区に生まれる。 弟、妹がいる。実家は地神ワイヤーロープ製造業(家内工業)。
  • 1961年 高校卒業後職を転々とした後に吉本新喜劇の研究生として吉本入り。なお、吉本入りする直前に勤めていた所は大阪ガスの関連会社。
  • 1967年 前田邦弘(前田五郎)と漫才コンビ、コメディNo.1を結成。
  • 1970年 第5回 上方漫才大賞(ラジオ大阪) 新人賞受賞
  • 1971年 昭和45年度 第1回 NHK上方漫才コンテスト 最優秀話術賞受賞。この2度の栄冠が、坂田(地神)にお笑いの道への専心を決意させる事になる。
  • 1972年 第1回 上方お笑い大賞(読売テレビ)金賞受賞
  • 1972年8月 レコード『アホの坂田』発売。
  • 1979年 第14回上方漫才大賞(ラジオ大阪)大賞受賞
  • 2009年8月31日 コメディNo.1を解散
  • 2015年 映画『0.5ミリ』において、第10回おおさかシネマフェスティバル 助演男優賞を受賞。

人物

  • 1950年のジェーン台風の被害を受けて家も流されたため、幼少時の写真はほとんどない。同じ境遇の芸人に、6代桂文枝がいる。
  • 子供の頃はたびたび知らない人やチンドン屋に付いて行ったりしたため、よく迷子になっていた。そのためついには「この子は病気です、どうか家にお届けください」と書かれた札を付けさせられたこともあった。
  • 芸人になったきっかけともなったのは、大ファンだった大村崑で、『番頭はんと丁稚どん』(毎日放送)も欠かさず視ていたという。
  • レコード『アホの坂田』が大ヒットした際、大阪の教育委員会から「サカタ姓の小中学生がからかわれたり、いじめに遭っている」との指摘を受け、放送局は一時この曲の演奏を自粛したり、レコード店もレコードの販売を一時見合わせる事態になり、坂田自身も言われのないバッシングを受けた。また、選抜高等学校野球大会の入場行進曲にも内定していたらしいが、これらの事情により取り消しになったとの説もある(代わりに選ばれたのが水前寺清子の「365歩のマーチ」)。
巨人に入団当時の江川卓が、江川事件を経て後楽園球場初登板した際、相手側の阪神ファンはもちろん、味方である一塁側の巨人ファンからもこの曲の替え歌(アホの江川)で迎えられる異常事態となった。なお、この試合で江川はラインバックにホームランを打たれた。
  • 純粋で人を疑わない性格のため、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』のドッキリ企画「人間性クイズ」のターゲットになったことがある。また、昔はいつも中田カウスのいたずらの標的にされていた。テレビ局の人間のふりをしたカウスにレポーターの仕事が入っていると騙され、元日の朝の漁港(カウスの回想では大阪市中央卸売市場)を白のモーニングコートにネクタイといういでたちで歩き回ったことがある。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。