お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ会員100万人突破キャンペーン

鈴置洋孝



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

鈴置 洋孝(すずおき ひろたか、1950年3月6日 - 2006年8月6日)は、日本の声優、俳優、ナレーター、劇団プロデューサー。

愛知県名古屋市出身、東京経済大学卒業。本名:同じ。身長166cm、体重58kg。血液型はA型。

略歴

愛知県名古屋市に生まれ育ち、19年間暮らした。東京に父方の祖父母の家があり、生後間もない頃から年に1度東京に遊びに来ていた。東京に来た際は名古屋弁と標準語を使い分けていたという。自称「かなり性根のすわったグウタラ」であり、高校時代にて「だまっていても食える仕事はないか?」と教師に相談。教師から、税理士になることを薦められて決意、大学に進学するために東京に上京。高校時代までは内向的だったが、大学に入ってフォークソングを始めてからは社交的になったという。同時に舞台の仕事に興味を持ち始める。

1973年、野沢那智が代表を務めた「劇団薔薇座」にて役者デビューを果たす。薔薇座入団のきっかけは、後に妻となる当時の恋人が入団オーディションを受ける際、「思い切って飛び込んでみよう」という気持ちでオーディションを受けたことによる。結果的に「おまけ」で合格になったという。

声優としての仕事を始めたのは、劇団時代にさまざまなアルバイトをこなしているときに「同じバイトなら声の仕事をしてみては?」と誘われたのがきっかけだという。声優デビューはテレビの洋画吹き替えの「男1」などのその他大勢。また番組レギュラー、ガヤや脇役として初めて出演したアニメは『超電磁マシーンボルテスV』のその他大勢である。1978年に『無敵鋼人ダイターン3』の主人公・破嵐万丈役で初主演を果たし、1979年に後番組の『機動戦士ガンダム』のブライト・ノア役をオーディションなしでもらう。その後1981年から東京俳優生活協同組合、1998年からは賢プロダクションに所属。テレビアニメや洋画の吹き替えなどで幅広く活動した。

2006年8月6日、肺癌のため東京都杉並区の病院で死去。56歳没。妻との間に子供はいなかった。

活動内容

名古屋市出身であり、名古屋弁で話すことで知られていた。

声優活動のみならず舞台活動も盛んに行なっていた。また、1984年からは声優バンド「スラップスティック」に、三ツ矢雄二の後釜として加入。解散するまで音楽活動も行なっていた。

1997年には「鈴置洋孝プロデュース」を旗揚げし、自身でも演劇のプロデュースを開始し、『煙が目にしみる』(鈴置 原案、堤泰之 作)等の作品を発表している。いくつかの戯曲作品の台本は書籍化されている。なかでも『煙が目にしみる』(2000年9月 論創社刊)は人気作で各地の数々のプロ+アマチュア劇団が取り上げ、演目としてスタンダードとなりつつあり公演されている。

人物像

声優・俳優として

薔薇座時代

薔薇座に入った頃は、指導の厳しさから「劇団なのか収容所なのかよくわからない凄いところだった」、「(野沢那智の名前にかけて)ナチ収容所」と語っており、当時は野沢本人に「あまりにも厳しすぎる」と直接発言していたという。しかし同時に「あそこを経験していたから自分は本当に精神的に鍛えられた。その後現場で辛いと思ったこともなかった」とも語っている。

23、4歳の頃に演劇のかたわら『ゴレンジャー』ショーのアルバイトをしており、当時は体重が50kgに満たないほど痩せていたのでモモレンジャー(女性)の役を担当していた。また喫茶店でアルバイトとして働き、「同期の連中が就職する中、肩身が狭かった」と語っている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。