お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

松村雄基



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

松村 雄基(まつむら ゆうき、1963年11月7日 - )は、日本の俳優である。身長178cm、体重63kg。オールスターズ・カンパニー所属。

来歴

東京都文京区出身。「どこか遠くの世界のようだった」と思って元々俳優にはあまり興味がなかったが、中学生時代、同級生の母親から旧知の芸能事務所社長を紹介されたことが縁で芸能界入り。中学3年から高校1年の2年間「劇団俳小」のタレント育成コースで演技の基礎を学んだ後、東京都立板橋高校在学中に、テレビドラマ『生徒諸君!』の沖田成利役でデビュー。

1984年放送の『少女が大人になる時 その細き道』で大映テレビドラマの初レギュラー。以後『不良少女とよばれて』『スクール☆ウォーズ』とレギュラー出演が続き、1980年代には大映ドラマの常連男優として活躍した。松村を自分のドラマに起用した大映テレビプロデューサーの春日千春はその起用理由について「目が気に入ったとしか言いようがない」と話している。TBS土曜9時枠の連続ドラマでは『スクール☆ウォーズ』の他、『ポニーテールはふり向かない』、TBS火曜20時台の『不良少女とよばれて』『乳姉妹』、フジテレビ水曜20時台の『花嫁衣裳は誰が着る』が代表作で、大映ドラマの三つ全ての枠に出演していた。

1993年頃(当時30歳)から舞台出演のオファーが来るようになり、その後毎年平均4本のペースで出演するようになる。

1981年に CBS・ソニーからレコードデビュー。しばらく歌手活動を休止してたが、2006年に歌手(ライブ)活動を再開。2013年に26年ぶりのオリジナルアルバムをリリース。2014年現在、東京と大阪を中心に精力的なライブ活動を続けている。

剣舞家であり、書家でもある。30歳の頃書店でたまたま書家・大溪洗耳の著書を手にしたことがきっかけで書道に興味を持ち、五月女玉環に弟子入りし、書を始めた。第17回東京書作展(東京新聞社主催)にて内閣総理大臣賞受賞。

2015年にはデビュー35周年を迎える。

2019年に日本でラグビーW杯が開催され、過去に高校ラグビー部を舞台にしたドラマ「スクール・ウォーズ」で人気を博した松村はこの年単独の仕事の他、同ドラマでラグビー部顧問を演じた山下真司との共演が一時的に増え「W杯特需でした」と喜んだ。

人物

デビューまで

家庭の事情で小さい頃から祖母と2人暮らしだった(後述)。

小学生の頃までは運動音痴だった。

芸能界に入る前の中学生の頃の将来の夢は、「中国語の通訳や外交官になること」だった。中学2年から3年生まで生徒会長を務めていたが、当時の性格は大人しくて人見知りだった。

芸能入りのきっかけをくれた同級生に事務所を紹介してくれた理由を尋ねると、「(生徒会長として喋る松村の姿を見て)あんたは芸能界で生きていけそうな気がした」と言われたとのこと。

祖母との生活について


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。