CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 柳家わさび

柳家わさび

柳家わさび



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

柳家 わさび(やなぎや わさび、1980年8月24日 - )は、落語家。本名?宮崎 晋永。落語協会所属。出囃子は『四君子』。紋は『陰剣片喰』。

父は作曲家で編曲家の宮崎慎二。

来歴

1980年、東京都に生まれる。東京都立大泉学園高等学校を経て、2003年3月、日本大学芸術学部油絵科卒業。大学では、落語研究会(日本大学芸術学部落語研究会)に所属する。落研の先輩であった川上隼一(後の春風亭一之輔)に落語のCDを借りて聴いたのが、落語に出会ったきっかけである。さらに同落研出身の、柳家さん生に出会う。

2003年11月、柳家さん生に入門する。前座名は「生ねん」。2008年3月、二ツ目に昇進。「わさび」と改名。

2011年、林家しん平監督の映画『落語物語』でピエール瀧、田畑智子らと主役を演じる。

2019年9月下席より、五代目柳家小志ん、古今亭ぎん志、柳家権之助とともに真打昇進。

芸歴

  • 2003年11月 - 柳家さん生に入門。
  • 2004年7月 - 前座となる、前座名「生ねん」。
  • 2008年3月 - 二ツ目昇進、「わさび」と改名。
  • 2019年9月 - 真打昇進。

人物

  • 楽屋でスマホを探し続けていた春風亭昇々のことを高座でイジリ倒したが、終演後自分のスマホを楽屋に置き忘れて帰った。
  • ラジオビバリー昼ズに三題噺を作るために出演の際、ネタを考える時に必要なスマホを無くして本番中にパニックに陥った(すぐ後に見つかった)。
  • 独特な髪型で人気を博す。

メディア

映画

  • 落語物語(林家しん平監督、2011年) - 主演・今戸家小春(春木真人)

テレビ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。