CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 笑福亭希光

笑福亭希光

笑福亭希光



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

笑福亭 希光(しょうふくてい きこう、1979年7月6日 - )は、落語芸術協会に所属する落語家。笑福亭鶴光門下の二ツ目。本名?船越 哲志

芸歴

  • 2013年 - 笑福亭鶴光に入門、「希光」を名乗る。
  • 2017年8月 - 二ツ目昇進。

受賞歴

  • 2018年 - 第10回前橋若手落語家選手権優勝

経歴

1998年、大阪産業大学経営学部経営学科に入学。1999年に漫才コンビ「アイムスクリーム」を結成し、その年のうちに初舞台。2001年には浪花座出演を果たす。2004年には漫才アワード敗者復活戦出場や京都バスツアー(義経を巡る旅)ガイド司会レギュラーを務め、2005年には初単独ライブを開催するも、2006年にコンビを解散。原付で4日かけて大阪から東京へ拠点を移す。翌年吉本新喜劇(ルミネtheよしもと)座員になるも2013年に退団し笑福亭鶴光に入門。前座名は「希光」。2017年八月中席には二ツ目に昇進。2018年には第10回前橋若手落語家選手権で優勝した。

人物

  • 同じ落語芸術協会に所属する二つ目10人(他のメンバーは、瀧川鯉津、春風亭昇吾、桂竹千代、昔昔亭喜太郎、瀧川鯉白、三遊亭遊子、桂鷹治、古今亭今いち、立川幸之進)で「芸協カデンツァ」というユニットを組んでいる。実質的に「成金」の後継にあたる。
  • 2020年2月、ギャラクシー賞のテレビ部門フロンティア賞を受賞したYoutube「神田伯山ティービィー」(プロデュース:冬夏株式会社(古舘理沙)、監修:九龍ジョー、編集:岩淵弘樹)において、桂鷹治・古今亭今いちと共に、六代目神田伯山真打昇進襲名披露興行の番頭として通常の撮影クルーが入ることができない寄席の楽屋にハンディカメラを持って入り、舞台裏の様子を三人で29日間連続撮影し続けた。
  • 特技はバイオリン演奏。

出演

テレビ

  • 僕ら的には理想の落語 (2021年、ムービック)- 落語監修

脚注

注釈

出典

外部リンク

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。