お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

山本学



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山本 学(やまもと まなぶ)は、日本の作曲家、音楽学者(音楽・音楽教育学・保育の表現領域)。学位は修士(音楽)(国立音楽大学・2005年)。静岡県立大学短期大学部こども学科講師。

東京女子体育短期大学講師、静岡県立大学短期大学部社会福祉学科講師などを歴任した。

来歴

生い立ち

同名の学校法人により設置・運営される国立音楽大学に進学し、音楽学部で音楽教育専攻の音楽教育専修にて学んだ。2002年(平成14年)、国立音楽大学を卒業した。それに伴い、学士(音楽)の学位を取得した。国立音楽大学の大学院に進学し、音楽研究科の音楽教育学専攻にて学んだ。2005年(平成17年)、国立音楽大学の大学院を修了した。それに伴い、修士(音楽)の学位を取得した。

音楽学者として

藤村学園が設置・運営する東京女子体育短期大学に採用され、2008年(平成20年)に助教に就任した。その傍ら、他の教育・研究機関においても教鞭を執った。同じく藤村学園が設置・運営する東京女子体育大学においては、2008年(平成20年)より助教を兼任した。桐朋学園が設置・運営する桐朋学園大学においては、2009年(平成21年)より付属子供のための音楽教室の講師を非常勤で兼任した。2010年(平成22年)、東京女子体育短期大学にて講師に昇任した。並行して、他の教育・研究機関においても教鞭を執った。東京女子体育大学においては、2010年(平成22年)より講師を兼任した。

2014年(平成26年)、県と同名の公立大学法人により設置・運営される静岡県立大学に転じ、短期大学部にて社会福祉学科の講師に就任した。その後、短期大学部にこども学科が新設されることになり、それに伴い2016年(平成28年)にこども学科に異動し、そちらの講師が本務となった。また、その傍ら、白梅学園が設置・運営する白梅学園大学の大学院に進学し、子ども学研究科にて学んでいた。2019年(平成31年)、白梅学園大学の大学院における博士課程を満期退学した。

研究

専門は音楽学であり、特に音楽、音楽教育学、保育の表現領域、といった分野の研究に従事した。具体的には、保育に内在する音楽的な要素について研究していた。また、保育における表現技術としての音楽について研究していた。

また、作曲も手掛けており、2005年(平成17年)には弘前桜の園作曲コンクールの一般部門にて弘前市長賞を受賞している。2007年(平成19年)には、日本歌曲コンクールの作曲部門にて優秀賞を受賞するとともに、TIAA全日本作曲家コンクールの室内楽部門にて入選を果たした。2013年(平成25年)には小田原賞作曲コンクールにて入選を果たした。2014年(平成26年)には、米原市芸術展覧会の作詞作曲部門にて教育長賞を受賞するとともに、東京国際歌曲作曲コンクールにて3位となった。2018年(平成30年)にはハンナ作曲賞を受賞した。なお、2017年(平成29年)には、自身の作曲した楽曲を収録した歌曲集を上梓している。

2015年(平成27年)には玄海町立玄海みらい学園の校歌の作曲を手掛けている。玄海町立玄海みらい学園は、玄海町立玄海中学校と玄海町立玄海小学校の統合により新設された義務教育学校であり、2017年(平成29年)4月1日に開校した。なお、2014年(平成26年)には、相模原市中央区の歌に応募しており、優秀賞を受賞した。

学術団体としては、日本音楽教育学会、日本保育学会、全国大学音楽教育学会、日本音楽表現学会、日本保育者養成教育学会、などに所属した。

略歴

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。