お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

石川君子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

石川 君子(いしかわ の きみこ)は、奈良時代の貴族・歌人。名は吉美侯若子とも記される。官位は従四位下・大宰少弐。

経歴

元明朝の和銅6年(713年)正七位上から五階昇進して従五位下に叙爵する。和銅8年(715年)播磨守に任ぜられていることから、同年頃に成立した『播磨国風土記』の編纂に携わった可能性が指摘されている。元正朝では従五位上に叙せられ、侍従を務めた。

神亀元年(724年)聖武天皇の即位に伴って正五位下に昇叙され、神亀3年(726年)従四位下に至る。神亀年間に大宰少弐を務め、任期中に詠んだ短歌が『万葉集』に採録されている。神亀年間から天平年間初頭にかけて侍従として聖武天皇に仕えた「風流侍従」10余人のうちの石川朝臣君子に比定される。

官歴

注記のないものは『続日本紀』による。

  • 時期不詳:正七位上
  • 和銅6年(713年) 正月23日:従五位下
  • 和銅8年(715年) 5月22日:播磨守
  • 時期不詳:従五位上
  • 養老5年(721年) 6月26日:侍従
  • 神亀元年(724年) 2月22日:正五位下
  • 神亀3年(726年) 正月21日:従四位下
  • 時期不詳:大宰少弐

脚注

参考文献


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。