CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 山本桂右

山本桂右

山本桂右



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

大松 桂右(だいまつ けいすけ、1970年〈昭和45年〉2月5日 - )は、日本の政治家。本名は山本 桂右。大阪府八尾市長(1期)、大阪維新の会顧問。八尾市議会議員(4期)、八尾市議会議長(第68代)を務めた。

来歴・人物

大阪府八尾市八尾木北生まれ、八尾市立曙川幼稚園、八尾市立曙川小学校、八尾市立曙川南中学校卒業。1985年(昭和60年)4月、八尾市に開校したばかりの私立「金光第一高等学校八尾学舎」(分校)に入学(1987年に独立校の「金光八尾高等学校」となる)

1995年(平成7年)の統一地方選挙の1週間前、八尾市議会議員を務める父の大松銑太郎(山本銑太郎)が入院。銑太郎の選挙を手伝い、秘書を務める。4年後の1999年(平成11年)統一地方選で、銑太郎の「通算6期24年間」の地盤を継ぎ、八尾市議会議員に初当選した(以後通算4期)。2012年(平成24年)には八尾市議会議長(第68代)に就任。

2015年4月26日の八尾市長選挙に、大阪維新の会と次世代の党推薦で初出馬。現職の田中誠太に一騎打ちで敗れる。

2019年4月22日の八尾市長選に、大阪維新の会から公認で再び出馬。4選を目指した現職の田中誠太ら2候補と三つどもえの末、初当選した。5月1日、市長就任。

なお、八尾市議会の議員定数(28人)や報酬について、2015年に「大阪維新の会」会派が削減(定数15人に、報酬30%カット)案を議長に申し入れたことを例に出し、「どのように進むのか見守る」と述べている。

通名「大松」、松井一郎と親子二代

市長の職は行政機関(の長)であるため、住民票など法的効果を有する公文書文書には、八尾市長名として通名の「大松桂右」ではなく、本名の「山本桂右」が記載されている。なお、首長の通名では、過去に大阪府知事で横山ノック(山田勇)と太田房江(齊藤房江)の例がある。

通名の大松で公認した大阪維新の会だが、八尾市が松井一郎代表の地元(大阪府議会議員時代の選挙区)でもあり、松井自ら八尾市に入って大松を選挙応援。ただし、どの場面でも本名は一切なく、通名の「大松桂右」が使用されていた。

大松と松井は同じ世襲政治家で、大松の父の「大松銑太郎」が1975年(昭和50年)38歳で八尾市議会議員に初当選した際、同じ38歳で再選したのが松井一郎の父の「松井良夫」である。

不祥事

大阪府が新型コロナウイルスの感染防止策として「会食は2時間程度以内、1テーブル原則4人以内」と要請していた2021年12月上旬、松井一郎大阪市長(日本維新の会代表)や青柳仁士衆議院議員、大松や山入端創羽曳野市長、冨宅正浩柏原市長、大阪14区内の府議、市議ら約30人が大阪市内で2時間半から3時間にわたり「衆院選の反省会」として会食を行っていた。松井は記者の取材に対し「人数の上限のアッパーはない。だから、やった。何か問題ありますか」「2時間を超えたことは反省すべきところなのかなと思っています」と述べた。

脚注

外部リンク

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。