お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

仲村トオル



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

仲村 トオル(なかむら トオル、1965年9月5日 - )は、日本の俳優、タレント。本名、中村 亨(なかむら とおる)。KITTO所属。

デビュー作は1985年の映画『ビー・バップ・ハイスクール』。特技は乗馬、スキューバダイビング。

妻は女優の鷲尾いさ子。1992年、自身の主演するドラマ『俺たちルーキーコップ』で相手役を務め、その共演が交際と結婚のきっかけとなった。

来歴

東京都大田区に生まれ、0歳から3歳まで大阪府寝屋川市で育ち、幼稚園に入る前に神奈川県川崎市に転居。小学校3年から千葉県流山市で育つ。

専修大学松戸高等学校、専修大学文学部卒業。

専修大学文学部在学中の1985年に『ヤングマガジン』に連載されていた漫画『ビー・バップ・ハイスクール』の映画化に際し公募された主演オーディションに応募し合格、映画主演デビューでの芸能界入りを果たす。主役キャラクター“トオル”と本名が似ていたこともオーディション合格の一因となったことが、後にヤングマガジンの編集者によって語られている。決定的となったのは、原作者のきうちかずひろが「自分がおもい描く“中間徹”にイメージがピッタリ」と言ったこと。このオーディションについて本人は、「本物のツッパリの人もたくさん来ていて、僕みたいな普通の大学生みたいなのがいると目線が怖かったですよ、帰りに因縁つけられそうになったり」と後にラジオ番組で語っている。

『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズ、刑事ドラマ『あぶない刑事』と人気となった作品に立て続けに「トオル」役で出演したことで、若い世代にも顔と名前が浸透し、人気を得た。

1987年から中高生に人気のあったニッポン放送のラジオ番組『ヤングパラダイス』内での帯番組を担当するようになると、その素顔が、朴訥と話をするシャイな人柄であることが判明した。その当時、主に出演していたドラマでは派手な言動を振る舞うことが多い人物を演ずることが多かったが、素顔はそれらとは正反対のキャラクターであることが判明した。そのため以前は不良に憧れを持つ少年ファンが多数だったのが、女性からのアイドル的な人気も上昇。人気のバロメーターでもあった雑誌『明星』の表紙を飾るようにもなった。1988年公開の映画『ラブ・ストーリーを君に』では主人公(後藤久美子)の元家庭教師(大学山岳部員)・明を演じた。

以後多数のドラマ・CM・映画に出演。また、日本のODAを紹介する『仲村トオルの地球サポーター』の司会を担当した。

エピソード

  • 憧れの俳優は松田優作。松田の生前は同じセントラル・アーツに所属し、松田本人も仲村を弟のようにかわいがっており、松田が癌で他界した際も遺体の前で「優作さん、起きてください!早すぎます!」と絶叫しながら泣き崩れた。
  • 『ビー・バップ・ハイスクール』では電車の中の乱闘シーンにおいて、走行中の電車から川に相手を蹴り落とすシーンがあり、危ない演出にビックリしながらも爽快感があったと語っている。
  • 『ビー・バップ・ハイスクール』『あぶない刑事』各シリーズでは喫煙シーンが多数あったが、タバコは苦手で、あくまで役のために吸っていた。
  • 歌が苦手であることを自認しており、仲村自身のラジオ番組内でも発言がたびたびあった。1980年代までは「映画主演俳優が主題歌を歌ってレコードを出す」のが通例で、1987年にはソロレコードを発売。ビー・バップ人気も追い風となり、オリコンシングルチャートで最高位3位を記録、歌番組『ザ・ベストテン』にもランクインするなどのヒットを記録したが、その『ベストテン』も含めて歌番組へのソロでの出演は無かった(デュエット曲では出演歴あり)。
  • どこの地域や国へ行っても出された食べ物は、爬虫類系や虫系の見た目がちょっとグロテスクな食べ物でも食べ残したことが無いとトーク番組(「お笑いワイドショー マルコポロリ!」等)で語っている。唯一きつかったのは、ある国の歓迎の時に振舞われる酒(地元の女性が一度口に含んだ物を吐き出して発酵させた物)で、「ちょっと覚悟を決めて飲みました」と語っている。
  • 『劔岳 点の記』の撮影時、「クレバスに落ちるシーンを自分でやらせてほしいとスタッフに懇願したというエピソードがある」と、多賀谷治が明かした。
  • 掃除・洗濯・食器洗いが大好きである。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。