お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

森口博子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

森口 博子(もりぐち ひろこ、1968年6月13日 - )は、日本の歌手、タレント、女優。80年代アイドル。本名、花村 博美(はなむら ひろみ)。

福岡県福岡市出身。ノーリーズン(第一プログループ)所属。バラエティーアイドルとして知られる。

来歴

福岡市南区大楠出身。福岡市立高宮中学校卒、福岡県立福岡中央高等学校入学後、高校2年の2学期に堀越高等学校芸能コースに転校し同高卒業。堀越高等学校での同級生には、荻野目洋子、武田久美子、井森美幸、岩井小百合、村田恵里、高橋美枝などがいた。

4人姉妹の末っ子。8歳の時に両親が離婚、両親の離婚後は母親の元で育った。その母親の教育は恋愛禁止などかなり厳しかった。幼少時代から芸能界に憧れ、多くの歌合戦に積極的に出場。10代になるとスクールメイツに所属してレッスンを積む傍ら、音楽番組でバックダンサーをしていた。アイドル歌手を目指して数多くのオーディションを受けるが落選続きだった。

NHK『勝ち抜き歌謡天国』で準優勝したことがデビューに繋がった。1985年、スターチャイルド(キングレコード)からアニメ『機動戦士Ζガンダム』の後期オープニングテーマ曲「水の星へ愛をこめて」でアイドル歌手としてデビューし、オリコン16位のスマッシュヒットとなった。同期に本田美奈子.、森川美穂、中山美穂、芳本美代子、斉藤由貴、南野陽子、浅香唯、井森美幸、松本典子らがいる。しかし、次以降の曲にヒットが続かず、歌手としての認知度向上にはならなかった。 ただし後に懐かしのアニメ特集番組でこの歌が(森口の名前入りで)放送されるようになる。1988年、アニメ『鎧伝サムライトルーパー』が当時のアニメ好きな女子中高生を中心にヒットし、後期テーマ曲であった「サムライハート」も人気を博す。

高校卒業を前にして所属事務所からリストラ宣告され、福岡に帰されそうになるが、泣きながら「なんでもやりますから帰さないで」と懇願、事務所からもらった最初の仕事は、バラエティ番組の企画で「雄ロバを口説いてきなさい」というとんでもないもので「何をやっているんだろうと思ったけど、ここでやらないと全国の人に顔を覚えてもらえない」とバラエティの仕事を「一生懸命」やった結果、その後は、歌手としての活動よりもクイズ番組やバラエティ番組の出演が多くなり、トーク中心のキャラクターを磨いていく。フジテレビ『ものまね王座決定戦』で工藤静香のものまねを披露して優勝。抜群のノリとその明るさで、当時既にバラドルとして活躍していた山瀬まみや井森美幸らと名を連ねる。また、自慢の美肌やスタイルをアピールした写真集も発売された。

1991年、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムF91』の主題歌「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」がオリコンシングルチャート最高9位になり、27週にわたってベスト100以内に留まった。年間ランキングでも47位と入り、自身最大のヒット曲となる。この曲を契機に、ガンダムファンやアイドルファンだけでなく、バラドルとしての彼女を知る一般層にも歌手として認知されるようになった。その後の曲もヒットし、『NHK紅白歌合戦』には第42回(1991年)から第47回(1996年)まで、6年連続で通算6回出場した。実現には至らなかったものの、この間に幾度も紅組司会の候補に挙がった。

1998年、父親が自殺。

女優業では、2003年度NHK連続テレビ小説『てるてる家族』で弘子役を演じる。TBS『愛の劇場』でも2作品に主演するなど、コンスタントにお茶の間の人気者として活躍している。

2005年12月、香川伸行が監督に就任して結成された社会人野球チームの、福岡美咲ブラッサムズ(現・福岡オーシャンズ9)で総監督に就任。しかし、2006年をもって香川らと共に退団した。

2012年2月28日、南野陽子・西村知美との3人組ユニット「Blooming Girls」の結成を発表。同年6月13日、「Blooming Girls」としてデビューシングル「Knock!! Knock!! Knock!!」を発売。オリコンウイークリーチャート66位を記録。

人物

笑っていいとも!

1989年10月から1997年3月までレギュラーとして出演した。なお、番組総合司会者のタモリは母校・福岡市立高宮中学校の先輩にあたる(他にも先輩には高橋真梨子、後輩に博多華丸と氷川きよしなどがいる)。2005年10月5日の「テレフォンショッキング」にゲスト出演した際には、2人で母校の校歌を熱唱した。ちなみにその時の「100分の1アンケート」で森口が提案したお題は「自分の出身中学校の校歌を全コーラス歌える人」であり、結果は7人であった。

番組内の罰ゲームにより、1994年3月28日のオープニングではタモリと当時の青年隊である工藤兄弟が『ウキウキwatching』を歌って踊っている途中で、スクールメイツの衣装で乱入し踊った。

涙もろい性格は『いいとも!』の番組中でも度々垣間見えた。特筆すべきは1991年12月27日の『笑っていいとも! 年忘れ特大号』では、中継担当のルー大柴が森口の所属事務所である第一プロダクションのビルを訪れ、4日後の12月31日に当時のいいともレギュラー陣としては初めて『第42回NHK紅白歌合戦』に出場する森口にエールを送るために、そこで待機していた森口の中学時代の担任教師と中継越しに再会させるというサプライズドッキリを行ったが、森口はルーが事務所の中に入った瞬間から既に涙を浮かべていた。

ゲーム・アニメ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。