お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

北村英治



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

北村 英治(きたむら えいじ、1929年4月8日 - )は、東京府出身のジャズクラリネット奏者。

人物・来歴

慶應義塾大学在学中にクラリネットを学ぶ。22歳でプロデビュー。30歳の時、憧れだったベニー・グッドマンが来日した際には彼の目の前で演奏し、賞賛を受けたこともある。

主なアルバムには、1960年7月5日、東京・産経ホールで行われたコンサートの模様を収録した『北村英治のすべて』(コンサートの構成、アルバムの解説を大橋巨泉が手がけた。2009年にCD化)、原信夫とシャープス&フラッツと共演した『ベニー・グッドマン作戦』(キングレコード、1963年)、テディ・ウィルソン、北村英治の共同リーダー作アルバム『君去りし後(After You've Gone)』(Art Union, 1970)、『テディ・ウィルソン + 北村英治 Vol. 3』(AMJ, 1971)、『Live Session』(Century, 1972)、『Keep On Swingin' 』(GML, 1973)がある。

1980年に、コンコード・ジャズオールスターズとの共演アルバム「ディア・フレンズ」を発表した。83年にはスコット・ハミルトンと『In Concert』(Concord)の録音に参加した。

その後、50歳を過ぎてからクラシックの要素を取り入れた演奏も行なうようになる。そのために後輩にあたる村井祐児に弟子入りし、クラシックにおけるクラリネットの演奏法を学んだことで音楽の幅が広がった。

その後も日本のジャズクラリネットの草分け的存在として、欧米のジャズフェスティバルにも招待されるなど、幅広い活躍をしている。80歳を越えた高齢ではあるが、現在でもライブハウスでのセッションを精力的にこなしている。ジャズの作曲も手がけており、「五月によせて」などの作品がある。

2007年4月、旭日小綬章受章。2011年に脳梗塞で倒れ、入院したが後遺症などはなく退院した。

過去の出演番組

  • 夜は気分で(TBS、司会)
  • おしゃべりクイズ疑問の館(NHKラジオ第1放送、不定期)
  • 響け!みんなの吹奏楽 (NHK-BS2)
    この番組では、他に MALTA、角田健一、須川展也、伊東たけしが講師を務め、北村を含むこれらの講師陣が全国の学校・市民団体・職場等のバンドを訪れ、数回の練習と本番ステージの模様を放送していた。
  • 徹子の部屋(テレビ朝日、2016年2月8日)
    この日に初出演し、司会の黒柳徹子と初対面を果たす。トークでは美空ひばり談義で盛り上がったほか、自ら黒柳にアップルパイをふるまった。
  • 関口宏の人生の詩II(BS-TBS、2019年8月10日(#41))
  • YOUは何しに日本へ (テレビ東京 2019年9月2日)

関連項目


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。