お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

三遊亭鳳楽



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

三遊亭 鳳楽(さんゆうてい ほうらく、本名・内田 啓次、1947年(昭和22年)3月1日 - )は、埼玉県川越市出身の落語家。円楽一門会の顧問。出囃子は『松の太夫』または『正札付』。

来歴・人物

5代目三遊亭圓楽の総領弟子であり、圓楽の師匠6代目三遊亭圓生にとって初の孫弟子であった。

前座名は大師匠圓生の本名「山崎松尾」の「松」の一字をとり「楽松」と名づけた。また、圓生存命中に真打が内定していた孫弟子も、鳳楽のみである。

入門後、師匠の圓楽は自身の活動が忙しく、また当時大師匠圓生の身の回りの世話をする前座がいなかったため、鳳楽を圓楽の師匠である圓生に預け、修行させていた。「初孫なので、めちゃくちゃ可愛がってもらいましたが、稽古の時だけは恐ろしかったです」と、「知ってるつもり?!」で大師匠・圓生を語っている。

全国各地の蔵元に太いパイプを持っている。

7代目圓生襲名の話が出たが、事実上頓挫している(参照:三遊亭圓生#7代目圓生襲名問題)。

略歴

  • 1965年10月 - 5代目三遊亭圓楽に入門。前座名、「楽松」。
  • 1972年11月 - 二つ目昇進。
  • 1977年 - 第6回NHK新人落語コンクール 最優秀賞。
  • 1978年 - 日刊飛切落語会若手落語家奨励賞。
  • 同年 - 落語協会分裂騒動で師匠とともに落語協会を脱退。
  • 1979年9月 - 真打昇進、「鳳楽」と改める。
  • 1993年 - 文化庁芸術祭賞。
  • 2007年 - 師匠圓楽の引退表明により、円楽一門会会長新任。

著書・CDなど

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。