お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

星野真里



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

星野 真里(ほしの まり、1981年7月27日 - )は、日本の女優・タレント。本名、高野 真理(たかの まり)、旧姓、星野。埼玉県上福岡市(現・ふじみ野市)出身。トルチュ所属。

来歴・人物

兄と姉、弟、妹がいる5人兄弟の真ん中。実家は上福岡駅東口でタバコ屋を経営している。明治・大正期の実業家・政治家星野仙蔵は曽祖父。青山学院中等部・高等部、青山学院大学文学部フランス文学科卒業。学位は学士(文学、青山学院大学)。

7歳の頃より劇団東俳に所属し、子役として活動。1995年、『春よ、来い』でデビュー、同年『3年B組金八先生』 に、坂本乙女役で出演。1997年、昼ドラマ『WHO!?』(TBS)で連続テレビドラマ初主演。1998年には『虹をつかむ男 南国奮斗篇』で映画に初出演。

1999年頃、芸名を本名の「星野真理」から「星野真里」へ改める。2000年、JR東海の「X'mas Express2000」第6代ヒロインに選ばれる。

2001年には『新・星の金貨』で直前に降板した鈴木あみに代わって主演に抜擢され、同番組の主題歌「ガラスの翼」でCDデビュー。2005年の『さよならみどりちゃん』で映画初主演し、ヌードも披露。乳房を露にした体当たりの演技で第27回ナント三大陸映画祭で主演女優賞を受賞2007年、『サムシング・スイート』で舞台初主演。2010年には、初エッセイ『星野真里の地味な生活』(朝日新聞出版)を出版。

2011年、かねてより交際していた高野貴裕と結婚。2015年7月30日に都内の病院で第1子女児を出産。

エピソード

  • 芸能界入りをしたきっかけは、幼い頃に弟が子役をやっていて、それに影響されたためであるという。この弟は、慶應義塾高等学校でのコーチを経て、大学院生時代に横浜隼人高校で野球部のコーチを務め、その後慶應湘南藤沢高校野球部監督を経て、2017年春に母校・慶應高校に教員として赴任、同校野球部副部長を務めている。
  • 『3年B組金八先生』で共演した松下恵とは、実際に青山学院の中等部・高等部で先輩の関係である。中等部では共にバレーボール部に所属していた。大学の同期生に堂真理子(学部も同じ)・田淵裕章がいる。
  • 極度のあがり症でテレビでのフリートークやバラエティ番組は苦手であり、話す声も小さく「司会者泣かせ」とされていたが、そのたどたどしく話す仕草などが有名となり、一時バラエティ番組への出演が増えた。本人は、24歳の時に『踊る!さんま御殿!!』に出演して、極度の上がり症で声も張れずに喋った事がさんまのツボにはまり、他の番組にも呼ばれるようになったことが、バラエティへの出演が増えたことのきっかけになったと語っている。以後さんまの他の番組に出演する度に克復する事なく、その喋りからしてさんまからつけられたあだ名は「彦六師匠(林家彦六)」とつけられた。これを機に『あっぱれ!さんま大教授』の準レギュラーに抜擢された。。
  • 2008年12月14日に行われたホノルルマラソンに出場、目標としていた3時間45分には届かなかったが、4時間24分36秒で完走した(女性参加者674位、女性25-29歳の部88位)。

出演

映画

  • 虹をつかむ男 南国奮斗篇(1998年) - 平山咲枝 役
  • GO-CON!(2000年) - 梅田志乃 役
  • 伝説のワニ・ジェイク(2002年) - シルビア・ホー 役(声優)
  • 死に花(2004年) - 井上和子 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。