お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

大門正明



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

大門 正明(だいもん まさあき、1949年3月10日 - )は、日本の俳優。本名、八木 雅照(やぎ まさあき)。出生名、羅雅煌(ロー・ヤーファン)。

兵庫県高砂市出身。 早稲田大学高等学院、早稲田大学商学部卒業。吉村事務所、バム、東宝映画、平田崑プロモーション、ホリプロを経て、たむらプロ所属。

来歴・人物

一男一女の長男で、中学時代に東京都へ転居。大学在学中より、早大劇団木霊、劇団雲および劇団欅に所属し、演劇活動を続ける(劇団木霊時代の同期に佐藤B作や斉木しげるがいた)。劇団の研修生時代には、円谷プロ制作の特撮テレビドラマ『帰ってきたウルトラマン』に当時の本名「羅雅煌」名義でゲスト出演している。1971年、増村保造監督に見い出され、映画『遊び』に関根恵子(現・高橋惠子)の相手役としてデビュー。出生時は中国籍だったが、24歳のときに日本に帰化している。

1973年より、沖雅也に代わって、映画『高校生無頼控』シリーズで主人公のムラマサこと村木正人に扮した。同作で飄々たる味を見せ、1973年度日本映画製作者協会(エランドール賞)新人賞を受賞。1974年には、『ゴジラ対メカゴジラ』で主演を務めた。

1975年からは所属事務所を変え、多数の作品に出演を続けている。映画では、『天平の甍』(1980年)の遣唐使船に乗った青年僧・栄叡、『セーラー服と機関銃』(1981年)の目高組組員・政などを演じたほか、『(金)(ビ)の金魂巻』(1985年)、『極道の妻たち 三代目姐』(1989年)、『ファザーファッカー』(1995年)などに助演。

テレビドラマにも新人当時から出演しており、1972年の『シークレット部隊』を皮切りにレギュラー出演も多数。1980年、『ウルトラマン80』に第14話から、イトウ順吉チーフ役で出演。『天平の甍』の中国ロケから帰国し「さて、どうしよう」と思っていた矢先での出演オファーだったため、喜んで引き受けたという。自身の役柄については、「若手メンバーと隊長役の中山仁との間に入るキャラクターがほしかったのではないか」と推測している。1988年には『電脳警察サイバーコップ』にもレギュラー出演し、子ども向け特撮作品への出演について「よくカッコつけて出演していたことを隠す人がいるけど、僕はナンセンスだと思う」と語っている。

また、劇団を離れて以降も多くの舞台で活躍している。

1975年に結婚。趣味・特技は、関西弁、スキューバダイビング、ラグビー。高校時代はラグビー部に所属していた。また、30代のときにはラーメン店などを経営していた時期もある。

出演

テレビドラマ

  • ウルトラシリーズ(TBS)
    • 帰ってきたウルトラマン 第18話「ウルトラセブン参上!」(1971年) - MATステーション隊員 ※クレジットでは、「羅雅煌」
    • ウルトラマン80 第14話「テレポーテーション! パリから来た男」 - 第50話「あっ! キリンも象も氷になった!!」(1980年 - 1981年) - イトウ順吉チーフ 
  • 天下御免(1971年、NHK)
  • 特別機動捜査隊 第530話「懐しのメロディ 殺し屋」(1971年、NET)
  • シークレット部隊(1972年、TBS) - 東チェックマン

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。