お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

青柳尊哉



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

青柳 尊哉(あおやぎ たかや、1985年2月6日 - )は日本の俳優。佐賀県佐賀市出身。アルファセレクション所属。劇団・ねじリズムの一員。

人物・略歴

  • 生誕地は兵庫県西宮市で、父親の転勤で5歳から中学3年生の12月まで長野県松本市で過ごした。佐賀県には実質上京するまでの約2年〜3年程度。17歳の時に俳優を志し、佐賀県から上京した。
  • 血液型O型。身長177cm。
  • 趣味は観察、鑑賞、観戦、お酒。無類の酒好きで、俳優仲間とも飲んで過ごすことが多い。
  • 特技はサッカー、料理。芽ねぎが好物。
  • 四人兄弟の長男で一番下に妹がいる)。
  • 2016年、特撮テレビドラマ『ウルトラマンオーブ』で宿敵・ジャグラスジャグラー役をオーディションにて射止める。最初は主演のガイ役およびレギュラーの松戸シン役でオーディションに参加するも、急遽ジャグラー役に選ばれた。
  • 上記オーディションでの選出が田口清隆の一声だったこともあり、ウルトラマンオーブ以降、親友と称して率先して田口組の飲み会、作品に参加している。
  • ウルトラシリーズへの出演

    『ウルトラマンオーブ』で演じたジャグラス ジャグラーは当初、子供のトラウマになるような悪役を目指していたと語っている。しかし、青柳の思惑とは裏腹に人気を博し、ファンから「ジャグジャグ」とあだ名が付けられるに至った。

    また、『ウルトラマンZ』では地球人のふりをしているという設定で、再びジャグラス ジャグラーを演じている。これは青柳本人の「いつかまたジャグラー役で出たい」というかねてよりの意向や、『オーブ』『Z』で監督を努めた田口清隆が「ジャグラーは枯らしたい」という理由で『Z』制作にあたってオファーを出したことによるものである。青柳自身は実現するとは思っておらず、最初は戸惑ったという。

    青柳について『Z』で共演した平野宏周は、新型コロナウイルスの影響で撮影が中断した際にモチベーションが落ちないよう連絡を取るなど周囲への気配りができると証言しており、同じく共演した松田リマと黒木ひかりも、ベテランながら気さくで周囲に話を振ったり芝居でも引っ張るなど、青柳自身も役と同様のリーダー的存在であると述べている。

    出演

    テレビドラマ

    • ライオン先生 第1話(2003年10月13日、日本テレビ) - 生徒 役
    • Pinkの遺伝子(2005年10月 - 12月、テレビ東京)
    • DRAMA COMPLEX 松本清張スペシャル・指(2006年2月21日、日本テレビ) - 男優 役

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。