お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

堺小春



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

堺 小春(さかい こはる、1994年3月10日 - )は、日本の女優、タレント。本名および旧芸名、栗原 小春(くりはら こはる)。

東京都出身。アルファーエージェンシー所属。祖父は喜劇役者の堺駿二、父はタレントの堺正章、母はタレントの岡田美里。

来歴

タレントの堺正章とタレントの岡田美里の間に二女として誕生、2001年の両親の離婚後は3歳上の姉とともに母のもとで育つ。離婚後も父は徒歩圏内で生活し、1人で父の家に泊まりに行くなど父とも良好な関係を築いていたという。

6歳の時に初めてダンスカンパニーの舞台に立ち、2004年、10歳の時にミュージカル『アニー』のオーディションに合格しストリートチャイルド役を演じて、栗原 小春(くりはら こはる)の芸名で芸能界デビューを果たした。

父と共演した2007年のNHKの時代劇『夏雲あがれ』以降、学業優先のため芸能活動を休止し、東京都内の大学へ進学して建築・インテリアを学ぶ。

卒業後の進路に悩む中で「やはり舞台に立ちたい」として父に相談し、「小春がやりたいことをやることがパパは幸せ。後悔しないならやりなさい」と後押しを受けて、個人的に演技のレッスンに通い、大学4年に在学中の2015年、舞台を見に行った際に目にしたチラシをきっかけに受けたオーディションに合格して舞台『転校生』に出演。祖父の喜劇役者・堺駿二、父のタレント・堺正章と2代続いた「堺の名を継ぎたい」として堺 小春(さかい こはる)へと芸名を改め約8年ぶりに芸能界復帰を果たし、女優活動を再開する。

2018年にはオーディションを経て地人会新社『金魚鉢のなかの少女』で舞台初主演を務める。

人物

身長は164cm。

特技は書道、乗馬、タップダンス。

家族・親戚

  • 実父は堺正章、母は岡田美里、父方祖父はタレントの堺駿二、母方祖父はE・H・エリック。
  • 実姉は現在アパレルブランドのデザイナー・ファッションブロガーとして活動している菊乃。
  • 母方祖父方大叔父に俳優の岡田眞澄、叔従父に俳優・DJの岡田真善がいる。また、女優・藤田みどりはかつて義大叔母であった。
  • 1995年に大叔父・眞澄がかつて日本航空の客室乗務員であった26歳下の女性と再婚、1998年に5歳下の従叔母が誕生した。現在の義大叔母は母・美里と同学年である。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。