お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

日向薫



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

日向 薫(ひゅうが かおる、1957年4月30日 - )は、日本の女優。本名、白根 陽子(しらね ようこ)。元・宝塚歌劇団星組トップスター。

東京都港区六本木出身。劇団ひまわり所属。出身校東洋英和女学院高等部から宝塚音楽学校へ入学。公称身長175センチ。血液型B型。

宝塚歌劇団時代の愛称はネッシー(姓から「ネシラ」とよばれていたが、先輩や同期に大柄な体をもじってネッシーのほうが定着したと日向はいう)。

来歴・人物

実家は旧華族(旧勲功男爵家)という家柄で家族に両親と姉がひとりいた(宝塚時代本人談話より)。東洋英和高等部卒業をまたず長身を生かせるからと宝塚音楽学校を受験し合格。

1976年、62期生として宝塚歌劇団に入団。『ベルサイユのばらIII』で初舞台。同期生に朱穂芽美(音花ゆり・相武紗季の母)、夏美よう、飛鳥裕、伊吹あい達がいる。入団時の成績は48人中18位。

1977年5月17日には月組に配属となっていたが後の1979年3月に星組に組替。

峰さを理トップ時代は2期下の紫苑ゆうとともに二番手の男役スターとして人気を集めた。

1987年12月、峰の退団に伴い星組トップスターに就任。翌1988年、『炎のボレロ/Too Hot!』がお披露目となった。相手役は1988年は南風まい(同年年末退団)、1989年から1992年は毬藻えりがつとめた。

1992年3月31日、『紫禁城の落日』東京宝塚劇場公演千秋楽を最後に毬藻らとともに退団。

退団後は女優業のほか、外国旅行のプロデュースなど多方面で活動している。

宝塚歌劇団時代の主な舞台

初舞台・月組時代

  • 『ベルサイユのばらIII』(1976年4月)(初舞台)
  • 『隼別王子の反乱』(1978年9月)(新人公演) - 隼人(本役:条はるき)

星組時代

  • 『恋の冒険者たち』(1980年4月)(新人公演) - オーシーノー(本役:峰さを理)
  • 『虹の橋』(1980年6月)(バウホール公演) - テルムート伯爵

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。