お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

玉置玲央



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

玉置 玲央(たまおき れお、1985年3月22日 - )は日本の俳優、演出家である。東京都出身で、所属事務所はゴーチ・ブラザーズ、所属劇団は柿喰う客である。

来歴

  • 2003年、私立関東国際高校 演劇科卒。
  • 2005年、「挿入ジェノサイド」より柿喰う客に参加。
  • 2006年、柿喰う客の劇団化とともにメンバーとなる。以降、ほぼ全ての公演に出演している。
  • 2007年、演劇ユニットカスガイの活動を開始、主宰する。全ての公演で、原案・演出を担当。
  • 2019年、映画「教誨師」にて第73回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を受賞。
  • 人物

    • 特技:運動全般。また、公式プロフィールにはないが、ドローイングに非凡な才能がある。主宰する劇団ユニット カスガイの劇団ロゴデザインや各公演のレタリングも外部に頼らず自らで行っている。旗揚げ公演の『リビング』では演出、出演の他、宣伝美術も担当し、佐藤佐吉賞優秀宣伝美術賞を受賞している。
    • 靴のサイズ:26.5cm。酒は一滴も飲めないが、その代わりコーラの愛飲者。喫煙者。左利き。兄が1人いる。
    • 柿喰う客 第7回公演『他人の不幸』の仕込み中、歯をくいしばったとき上顎側切歯を部分的に欠損、現在差し歯。たまに差し歯を外しているときがある。
    • 2013年7月時点、視力は左右0.1前後。普段は度入りの眼鏡をしている。
    • 俳優になったきっかけは、高校進学のとき、3次募集の選択肢が、韓国語、ロシア語と演劇科の3つで、結果、演劇科を選択。高校卒業後は裏方業に従事したが、段々と俳優業の比率が高まり専念する事に。なお、在学中から演出することも始めている。
    • 好きな漫画家は新井英樹、日本橋ヨヲコ、荒木飛呂彦、今敏。

    主な出演作品

    舞台

    • 柿喰う客「挿入ジェノサイド」(2005年)
    • 柿喰う客「他人の不幸」王子小劇場(2006年)
    • 時間堂「三人姉妹」王子小劇場(2008年)
    • 柿喰う客企画公演 七味まゆ味 一人芝居「いきなりベッドシーン」玉置玲央 一人芝居「いまさらキスシーン」王子小劇場(2008年11月)

     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    割引販売
    な!

    <理由あってなっトク価格!チケット>
    25名限定!一般7,000円(全席指定・税込) → 5,850円 さらに200Pゲット!
    2019年3月22日 (金) 〜
    2019年3月31日 (日)
    サンシャイン劇場