お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

小野寺修二



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小野寺 修二(おのでら しゅうじ、1966年9月19日 - )は、日本の演出家、振付家、俳優。マイムをベースに、舞台作品をつくる。「カンパニーデラシネラ」主宰。北海道出身。東京都在住。

来歴

北見市出身。学生時代から演劇活動を始める。3年間の社会人生活を経た後、1994年、日本マイム研究所に入所。佐々木博康にマイムを師事する。同研究所に在所していた高橋淳、藤田桃子と共に、1995年、パフォーマンスシアター水と油を結成。後に須賀令奈が加わり4名の体制となる。特定の人物が作・演出を務めるのでない共同制作のスタイルで、マイムの可能性を探る。水と油活動休止までの間に、海外9カ国22都市、国内22都市で公演を行う。2006年、水と油の活動を休止。カンパニー受賞歴として、東京都千年文化芸術祭優秀作品賞(2000年)、エディンバラ・フェスティバル・フリンジ・ヘラルドエンジェル賞(2001年)、第二回朝日舞台芸術賞寺山修司賞・キリンダンスサポート賞(2003年)など。2005年、愛・地球博トヨタグループ館パビリオンデーの総合演出を行う。2006年9月より1年間、文化庁海外留学制度研修員としてパリに滞在。帰国後、森下ベニサン・ピットにてダンス公演としては異例の53回公演『空白に落ちた男』(主演:首藤康之)を発表。その後、自身のセルフユニット、カンパニーデラシネラを立ち上げる。

東京藝術大学非常勤講師を歴任。指導にあたるほか、ワークショップ活動も行う。近年は、振付・ステージングとしての活動も行っている。2010年、『叔母との旅』のステージング及び『ハーパー・リーガン』の振付けにて、第18回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞を受賞。

2015年12月15日〜2016年1月27日、文化庁文化交流使(長期派遣型)としてベトナム、タイに滞在。

受賞

  • 2000年 東京都千年文化芸術祭優秀作品賞、
  • 2001年 エディンバラ・フェスティバル・フリンジ・ヘラルドエンジェル賞
  • 2003年 第2回 朝日舞台芸術賞寺山修司賞・キリンダンスサポート賞
  • 2010年 第18回 読売演劇大賞最優秀スタッフ賞
  • 2016年「CoRich舞台芸術まつり!2016春」グランプリ受賞

主な作品

主な舞台演出作品

  • 『空白に落ちた男』(2008年1月 - 2月、ベニサン・ピット)首藤康之、梶原暁子、藤田桃子、丸山和彰、小野寺修二
  • 『Xのフーガ』(2008年3月、神戸)阿比留修一、伊藤晃、大熊隆太郎、坂口修一、藤田桃子、三谷和之、小野寺修二
  • 『隣人』(2008年4月、温室)大庭裕介、藤田桃子、小野寺修二

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。