お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

前川知大



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

前川 知大(まえかわ ともひろ、1974年 - )は、日本の劇作家、演出家。イキウメカタルシツを主宰する。

経歴

新潟県柏崎市出身。東洋大学文学部哲学科卒業。活動の拠点とするイキウメは2003年結成。超常的な世界観で、身近な生活と隣り合わせに現れる異界を描く。空間と時間を同時に編集するシームレスな演出を特徴とする。

2008年上演の『表と裏と、その向こう』で、読売演劇大賞優秀作品賞、優秀演出家賞。2009年上演の『関数ドミノ』『奇ッ怪〜小泉八雲から聞いた話』で、紀伊國屋演劇賞個人賞、芸術選奨新人賞ほか受賞。2010年、ロンドン・ロイヤルコート劇場 The Royal Court Theatre の劇作プログラム(インターナショナル・レジデンシー)参加。同年『プランクトンの踊り場』で、鶴屋南北戯曲賞。2011年上演の『太陽』で第63回読売文学賞戯曲・シナリオ賞。『奇ッ怪 其ノ弍』『太陽』で第19回読売演劇大賞 最優秀演出家賞、大賞を受賞。

2013年、劇団の実験室、カタルシツを開始。第一回公演ではドストエフスキー原作『地下室の手記』を翻案、演出。『地下室の手記』『片鱗』の演出で、第21回読売演劇大賞優秀演出家賞、『片鱗』で同賞優秀作品賞を受賞する。2014年、四代目市川猿之助によるスーパー歌舞伎?『空ヲ刻ム者』の作・演出、『太陽2068』(蜷川幸雄 演出)、『暗いところからやってくる』(小川絵梨子 演出)の脚本を手掛ける。2016年『太陽』(入江悠監督)、2017年『散歩する侵略者』(黒沢清監督)が映画化、公開。2017年10-12月『散歩する侵略者』をイキウメで上演。

作品リスト

脚本・演出

  • ヘリコプター畑(2003年)
  • ボッサ!世界担当 (2003年)
  • 窓際のベリーロール(2004年)
  • 思慮深いモンスター(2004年)
  • はばかるな(2005年 脚本)
  • 短篇集 図書館的人生vol.1(2005年)
  • 双魚(2006年 脚本)
  • PLAYER(2006年)
  • 江戸から着信!?(2007年 脚本)
  • 煙の先(2007年 脚本)
  • 狂想のユニオン(2007年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。