お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

松村邦洋



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

松村 邦洋(まつむら くにひろ、1967年8月11日 - )は日本のお笑いタレント・ものまねタレント。日本史上の人物・タレント・プロ野球選手・政治家など幅広くものまねをしている。愛称はまっちゃんバウバウ。太田プロダクション所属。

略歴

山口県熊毛郡田布施町出身。河本育之は中学時代の同級生。「河本とは同じ野球部でバッテリーを組んでいた」とよく言われるが松村は野球部ではなかったので 事実ではない。

山口県立田布施農工高等学校卒業。1980年代前半に大流行した「ツッパリブーム」に影響され、中学校時代から“ヤンキー”だったが、いじめられるようなタイプでもあった。なお、ヤンキーではあったが、悪いことはせず、友達とお菓子を食べながら雑談に花を咲かせていたという。高校時代から、山口や広島県のテレビ・ラジオ番組に出演。中国放送『サテライトNo.1』でアルバイトのADをしていたことがあり、得意のものまねを披露し人気者となり、番組レギュラーにもなった。卒業後の進路としてお笑い芸人の道を本気で目指していたと言い、学校の視聴覚室で教師にビデオを回してもらい、得意のものまねを収録したテープを吉本興業に送付したことがあるという。また、高校2年時に8科目が赤点となり、1年留年。修学旅行に二回行ったという。高校を4年かけて卒業し九州産業大学に進学した。

大学在学中に『発表!日本ものまね大賞』に出演、ビートたけしをはじめ石橋貴明、古舘伊知郎らのものまねを披露し、チャンピオンとなるも、この時点で芸能界デビューはならなかった。その後、テレビ西日本でケーブル捌きのアルバイトをしていた時、番組を見ていた片岡鶴太郎に見出され、1988年に大学を中退し上京。当時片岡は『FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島』の中継で同局を訪れていた。

鶴太郎の在籍する太田プロから芸能界デビュー。当時所属していた爆笑問題や太田光代(当時は松永光代)らと下積みを重ねながら、『ものまね王座決定戦』の常連として、ビートたけしや掛布雅之のものまねで茶の間を沸かせるようになる。

「林家ブー」や「バウバウ」で高田文夫に気に入られ師弟関係になる。1992年4月から『たまにはキンゴロー』など一連のTV番組への出演を経て、1993年秋からは『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』金曜日のレギュラー。

『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(1992年1月、第8回)の「冷凍室ダジャレ→ものまね合戦」にて披露した、高田文夫のものまね「バウバウ」でブレイクする。この回での活躍により番組の常連となり、ダチョウ倶楽部、出川哲朗らとともに「リアクション芸人」の代表挌となる。同年7月からは松本明子とともに『進め!電波少年』で司会を務め「アポ無し取材」で人気を博す。

1992年には、第30回ゴールデン・アロー賞芸能新人賞を、1994年にも第32回の同賞で芸能賞を受賞した。

1993年から1999年にかけて『松村邦洋のオールナイトニッポン』でパーソナリティを務める。一旦はパーソナリティを降板したが3ヶ月後に復帰。トータルで約6年に渡る長寿番組であった。

1990年代には俳優としても活躍(『STATION』では吉田栄作に次ぐ準主役、『ハンサムマン』では長野博とのW主演)。1995年には『君を忘れない』で、当時若手として伸び盛りだった木村拓哉・反町隆史らとともに名を連ねている。

『an・an』の「抱かれたくない男性タレント」の上位に出川哲朗とともにランキングしていたことでも有名。

1997年に『電波少年』を降板させられた(進め!電波少年#松村降板騒動)ものの、2000年から2013年9月まで『探偵!ナイトスクープ』のレギュラーを務めるなど、テレビ番組やラジオ番組のレギュラー出演を続けている。

2013年7月に『アメトーーク!』で「本当はスゴイ!!松村邦洋」が放送される。また同年下半期は堺雅人がブレイクしたので堺の物真似をしている松村の仕事も増加した。

人物

3人兄弟の長男。生家は農家だが元々は江戸時代から商取引をしていて一方で戦前までは質屋をしていた。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
抽選先行

<カンフェティ取扱チケット>
先行特別価格:5,000円
(全席指定・税込)
2020年1月6日 (月)
紀伊國屋ホール