お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

宮本笑里



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

宮本 笑里(みやもと えみり、「宮本」は旧姓、「笑里」は本名、1983年12月7日 - )は、日本のヴァイオリニスト。

東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。オーボエ奏者、後に指揮者として活躍した(現在は引退)宮本文昭の二女。

経歴

父の仕事の関係で生後2週間でドイツに移住。1991年頃に帰国した後、7歳でヴァイオリンを始める。父の勧めではなく、友人が習い事をしていることに刺激を受けたことがきっかけで、「音楽教室の先生が優しそうだ」という理由でヴァイオリンを選択した。

中学1年で再びドイツへ渡航。1998年、14歳でドイツ学生音楽コンクールデュッセルドルフで1位入賞。

1999年、帰国し東京音楽大学付属高等学校に入学。2002年に東京音楽大学に進学。2003年頃、桐朋学園大学カレッジ・ディプロマ・コースに編入学。

2003年頃、女性クラシカルバンドVanilla Moodの結成に参加、芸名をEmileeとして活動。2004年からNHK総合テレビ『お昼ですよ!ふれあいホール』にレギュラー出演し、番組内でテーマ曲などを生演奏した。当時の所属はヴィジョンファクトリー。

2005年1月7日、学業およびクラシックへの専念を理由に、Vanilla Moodを「卒業」という形で脱退。同年12月4日、NHK-BS2『叙情歌大全集』に、本名の「宮本笑里」名義で父の文昭との共演で出演。

2006年、のだめオーケストラメンバー(フジテレビ『のだめカンタービレ』)に選ばれた。

2007年2月7日、宮本のために書き下ろされた曲「passion cach?e〜秘めた思い〜」(松本俊明作曲)を収録したオムニバスCD「image6」を発売。同日に公式サイトを公開してCDデビューに向けた本格的なプロモーションを始め、同年7月18日、アルバム「smile」でCDデビュー。同年10月2日、サントリーホール小ホール(ブルーローズ)にてデビュー・リサイタル。

2008年2月、大阪(7日)・名古屋(8日)・東京(14日)の3カ所を巡る「smileツアー2008」を実施し、ツアーに併せてフォト・エッセイ「smile/宮本笑里」を発売。同年11月12日、フランス人歌手クレモンティーヌの娘ソリータ(solita)とのコラボシングル「東京 et 巴里」を発売。

2009年3月11日、初めて単独出演したヤマザキビスケット「コーンチップ」のCMの放映開始。同年11月25日、スウィートボックス元ボーカルのジェイド(Jade Valerie Villalon)と日米ユニットを結成。デビューアルバム「Saint Vox」を発売。

2010年4月から、日本テレビの『NEWS ZERO』にカルチャーキャスターとして週1回出演。

2012年8月22日、4歳年上の一般男性と結婚。同年12月5日、フジテレビ系『2012 FNS歌謡祭』に出演。倖田來未、華原朋美、西野カナとコラボレーションした。

2013年7月31日、フジテレビ系『FNSうたの夏まつり2013』に出演。倖田來未、西野カナ、安全地帯、徳永英明、沖仁、上妻宏光、華原朋美、シャ乱Q、氷川きよしとコラボレーションした。同年10月上旬、体調を崩して自宅療養し、2014年1月までの公演を中止したが、同年12月13日に公式ブログで妊娠を発表。

2014年5月、第1子の女児を出産。

エピソード


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。