お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

田畑智子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

田畑 智子(たばた ともこ、1980年12月26日 - )は、日本の女優。京都府京都市東山区出身。所属事務所はカノックス・フィルム鈍牛倶楽部→フロム・ファーストプロダクション。

経歴・概歴

  • 祇園の老舗料亭鳥居本(享保年間創業)に生まれる。聖母学院小学校、聖母学院中学高等学校から金光第一高等学校(現・金光大阪高等学校)に転学、卒業。龍谷大学文学部哲学科中退。12歳の時、「カノックスフィルム」に所属し、1992年公開の映画『お引越し』の主演女優としてデビュー。新人賞を多数受賞した。
  • 1996年から2001年まで、久世光彦演出ドラマ『向田邦子シリーズ』に毎年出演する。2000年には、NHK連続テレビ小説『私の青空』でヒロインとなる。なお2002年には「月曜ドラマシリーズ」で連続テレビ小説作品史上初の続編となる『私の青空2002』も放映された。
  • ディズニー映画『リロ・アンド・スティッチ』の吹き替えで声優デビューも果たす。2004年には大河ドラマ『新選組!』で近藤勇の妻・つね役を演じる。そのほか、崔洋一監督の『血と骨』ではビートたけしの娘役をつとめた。また山田洋次監督の『隠し剣 鬼の爪』では、吉岡秀隆の妻役を演じた。
  • 2011年8月29日発売の写真集「月刊 NEO 田畑智子」』(松井康一郎撮影、イーネットフロンティア)にて自身の30歳を記念しフルヌードに挑戦、初めてヘアヌードを披露した。本人は、「撮影に入るまでは脱ぐと思っていませんでした。でも、衣装を決めて現場に入って、カメラマンと二人きりになって……。自分の体がどう写るのか、見てみたかったんです。30歳になったというのも自分の中では大きくて、何か形になるものを残したかったというのもあります。小学校で転機が一度訪れているので、この写真発表が2度目ということになるんでしょうか(笑)」と語っている。
  • 岡田義徳とは2011年に交際が報じられ、2015年には一時、距離を置いたが復縁。2018年1月1日に結婚。5月30日放送の『今夜くらべてみましたSP』(日本テレビ系)の番組内で第1子の妊娠を明らかにした。10月25日、第1子男児を出産。

人物・エピソード

  • 実家周辺は遊び場がなく、また老舗料亭だった事から元芸妓の祖母や両親から京都人として厳しく躾られた。トイレは夜間は客人と共用のために短時間で済ませ、家の中では「京言葉」と正座を常に求められた。また習い事も数多く経験し、卒業した学校(聖母学院・金光大阪)の校則も厳しいという甘えのない環境は上京するまで続いた。当時は不満も大きかったが、時代劇で着物や作法に苦労しなかった時に初めて祖母・両親へ感謝の気持ちを抱いたという。
  • 高校時代は書道部。同級生にサッカー選手の斉藤大介がいる。
  • NHKのBSプレミアムの『世界ふれあい街歩き』等、ナレーターを務めることもある。
  • 『恋するハニカミ!』では小泉孝太郎とデートしハニカミアワードという公式サイト投票において1位を獲得するデートのドライブ中に小泉が運転する車の助手席で居眠りしてしまった場面も放送された
  • チュートリアル徳井のファン。『あっぱれ!!さんま新教授』において対面し、電話番号を渡したがその後の進展は不明
  • 関ジャニ∞、渋谷すばるのジャニーズJr.時代からの大ファンであり『関ジャニ∞のジャニ勉』 (2012年11月7日放送)にゲスト出演した際、渋谷の魅力を語りお手製オムライスを食べてもらう。ただ、本当にファンなので実際には会いたくなかったと発言母親と共に関ジャニ∞のファンでもある

出演

テレビドラマ

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:8,500円+さらに200Pゲット!

【ご注意】
★カード決済のみ。2/16(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2019年3月5日 (火) 〜
2019年3月26日 (火)
紀伊國屋ホール