CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 桂竹千代

桂竹千代

桂竹千代



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

桂 竹千代(かつら たけちよ、1987年3月17日 - )は、落語芸術協会所属の落語家。出囃子は『猩々』。

来歴・人物

千葉県立匝瑳高等学校を経て、明治大学文学部史学地理学科卒業。同大学院文学研究科古代日本文学専攻修士課程修了。大学時代は落語研究会に所属。同じく大学在学中の2006年にワタナベコメディスクールに入学(4期生)。ゴーギャン職人(漫才コンビ)やピン芸人・ヨコタカとして活動(当時はニュースタッフエージェンシー所属)するが、2010年に活動を一時休止。

2011年(平成23年)7月、歴史もの新作落語を得意とする桂竹丸に入門。同年10月より前座(竹のこ)。2015年(平成27年)9月、二つ目昇進、竹千代と改名。

柔道(弐段)、文学修士、学芸員、社会教育主事、温泉ソムリエなどを所持している。千葉県旭市観光大使。

同じ落語芸術協会に所属する二つ目10人(他のメンバーは、瀧川鯉津、春風亭昇吾、昔昔亭喜太郎、瀧川鯉白、三遊亭遊子、桂鷹治、古今亭今いち、立川幸之進、笑福亭希光)で「芸協カデンツァ」というユニットを組んでいる。実質的に「成金」の後継にあたる。

2021年12月9日、ご当地落語「赤倉温泉」で、現地滞在4日間で創り演じた新作落語『おさいど祭』が、『湯守の宿三之丞賞』を受賞。

2021年、令和3年度(第76回)文化庁芸術祭の大衆芸能部門新人賞を受賞。芸歴10周年を迎えた11月9日に、東京・内幸町ホールで開いた「桂竹千代独演会2021冬」(「鮑のし」「古事記〜完全版」を口演)が評価された。

出演番組

テレビ

  • エンタの天使(日本テレビ、2010年2月17日) - ピン芸人(ヨコタカ)時代に出演
  • 笑点 特大号(BS日テレ、2015年8月26日 - 12月2日) - 若手大喜利(代役出演)
  • そこまで言って委員会NP(読売テレビ、2022年5月22日)- ゲスト

その他

  • NHKラジオ日曜バラエティー コロコロトリオのメンバー(2018年4月〜)
  • アクオス今昔物語(シャープ、2016年)- 家電量販店内放送用ビデオ。春風亭柳若と共演。
  • 大喜利セーフ22- (Youtube、2020年3月〜2022年1月、月水金22:30頃からLIVE配信)

著書

  • 『落語DE古事記』(幻冬舎) 2019年11月 ISBN 978-4344035409

脚注

注釈


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。