お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

人形劇団プーク



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

人形劇団プーク(にんぎょうげきだんプーク)は、日本の人形劇団。日本において長い伝統をもつ現代人形劇団の一つ。常設ホールや学校においての人形劇の公演の他、テレビ、映画などの出演もしている。

劇団の礎となった「人形クラブ」の名を、エスペラント語で「LA PUPA KLUBO」(英訳=THE PUPPET CLUB)を正式名称として、人形を意味するPUPAのPUと、クラブを意味するKLUBOのKをとってPUKと略称としていたが、それを通称として劇団名とした。

現在、人形劇団プークは、人形劇団プーク(舞台活動・法人名は劇団プーク)・プーク人形劇場(プーク人形劇場の管理・運営)・スタジオ・ノーヴァ(映像部門・英名=STUDIO NOVA.inc)の3法人で活動している。

沿革

  • 1926年 6月 - 開成中学の同級生の川尻東次、中村伸郎、鳥山榛名、青柳忠正、土方正巳らが「ダナ人形座」の名で東京神田の主婦の友会館講堂で公演。
  • 1929年 12月 - メンバーに山中重治、高山貞章、潮田租、吉田隆子ら が加わり18名で東京赤坂の三会堂で人形クラブ=LA PUPA KLUBOの名で「リップ・ヴァン・ウィンクル」 「クリスマス綺譚」を初上演。
  • 1930年 - 川尻東次の弟である川尻泰司が入団
  • 1931年10月 - 第4回公演「勇敢なる兵士シュベイクの冒険」「三人のふとっちょ」を上演。創立メンバーによる公演はこれが事実上最後となる。この公演終了後に創立メンバーの土方正巳ら数名が就職に向けての退団。
  • 1932年 11月26日 - 創立者の川尻東次が折去。川尻泰司が劇団の存続を担うこととなる。
  • 1940年頃 - 第二次世界大戦による治安維持法の強化により、プロレタリア演劇運動を起こしていたのがきっかけで川尻泰司ら団員全員が逮捕され、人形劇団プークが活動休止となる。
  • 1945年 - 終戦がきっかけで、川尻泰司ら団員全員が釈放される。
  • 1946年11月26日 - 治安維持法と第二次世界大戦による中断を得て、川尻東次の命日を期に人形劇団プークの再建を発表。
  • 1947年7月31日 - 創立者の川尻東次と川尻泰司(当時の代表者)の母親で、団員の川尻清野が死去。
  • 1948年 7月 - 有楽町毎日ホールで「オッペルと象」で再建第1回公演。
  • 1950年 - GHQの逆鱗に触れ、公演が不許可になり、経営が苦況に陥る。
  • 1953年 9月 - 日本テレビで影絵「千一夜物語」が放映。
  • 1961年 - 文部省芸術祭演劇部門で「逃げ出したジュピター」が受賞。
  • 1965年 - 西村晃と「黒の劇場・チンドンやでござい」で共演。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。