お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

西崎緑



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

西崎 緑(にしざき みどり、1960年4月9日 - )は、日本の女性歌手、女優、日本舞踊家。旧芸名は西崎 みどり。本名は松井緑(旧姓:深見)。愛称はみいこ、みっこ。株式会社オフィス・パンジー所属。レコード会社はテイチクエンタテインメント。東京都中央区出身。

二代目西崎緑舞踊研究所主宰者の、西崎緑は別人である。

来歴・人物

堀越高等学校卒業。

平尾昌晃に師事していた頃を中心に、一時「西崎みどり」と表記していたこともあった。芸名の由来は、当時、日舞・西崎流の宗家(5歳のときに襲名)であったため。

芸能界入りの動機は、遠藤実に認められた為と言われている。

3歳のときに日本舞踊で初舞台を踏む。5歳から少女雑誌の表紙、グラビアのモデルとなり、7歳のときに「ちいさなプリンセス」で歌手デビューした。8歳の時には田端義夫とのデュエット曲「ねんねん船唄」が大ヒットし、子役としてテレビ・映画でも活躍した。14歳のときに平尾昌晃と出逢い、1974年には『暗闇仕留人』(『必殺シリーズ』第4作)の主題歌「旅愁」(作詞:片桐和子・作曲:平尾昌晃)がミリオンセラーとなった。同シリーズでは、他に「さざなみ」など、主題歌・挿入歌合わせて4曲歌っている。

俳優としては、8歳の時、『コメットさん』の第1期(後期)でガールフレンド役でレギュラー出演している(役名は「みどり」)。『必殺』シリーズには、女優として何度も出演している(ゲスト・レギュラーとも)。

1988年、オリジナル二部式きもの「十人十色 NISHIZAKI」のデザインを手がけた。2004年には44歳で長女を高齢出産した。

現在、西崎流新宗家として、日本舞踊の教室を開催している。

2013年2月7日放映の「木曜8時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜」(テレビ東京)に出演し、「旅愁」を歌唱した。

2013年7月17日 新曲「如月」を発売した。

ディスコグラフィ

西崎緑名義

シングル

ミノルフォンレコード


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。